2014/10/05

dialogがエラーになってportsの設定ができない

FreeBSD 8.4-RELEASE-p16なマシン。pkgngに切り替えたら、OCN IPv6に繋がらなくなった。 /usr/local/etc をバックアップせずに切り替えてupgradeしたのもまずかったが、 setup scriptがエラーになって設定ファイルが作られていなかったというのが原因っぽい。
# sh -x /usr/local/sbin/mpd-l2tp-ipv6pd-client-setup
+ PREFIX=/usr/local
+ DATADIR=/usr/local/share/mpd-l2tp-ipv6pd-client
+ MPD_NAME=mpd5
+ CONFDIR=/usr/local/etc/mpd5
+ : 0
+ mktemp -t ipv6pd
+ tempfile=/tmp/ipv6pd.iVAVpp8J
+ dialog --title 'L2TP-IPv6PD Setup' --clear --mixedform 'Please input L2TP-IPv6PD account information.' 11 76 0 'User ID:' 1 1 '' 1 36 64 0 0 Passwd: 2 1 '' 2 36 64 0 0 'L2TP-IPv6PD Server (Fixed Prefix):' 3 1 '' 3 36 64 0 0 'Prefix Delegation Interface:' 4 1 '' 4 36 64 0 0
+ retval=255
+ rm /tmp/ipv6pd.iVAVpp8J
+ exit
/usr/local/share/mpd-l2tp-ipv6pd-client にあるひな形を直しながら /usr/local/etc/mpd5 に置いて復活させたけど、困っていないのかな?今時8.4を使っている方が悪いのかな?


0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: