Pages

2016/09/24

Zenfone SelfieをAndroid 6にアップグレードする

Android6.0 Marshmallowがようやく到着

Marshmallow アップグレード
一時期アップデートが取り下げられていたZenfone Selfie向けのAndroid 6.0 Marshmallowがようやく登場。今までNexus 5でAndroid 6を使っていたのだが、突然文鎮化、急遽中古で入手したNexus 5もバッテリーがバテて使い物にならなくなってきていたので、ポケモンGOができる安い機種ということで、Zenfone Selfieを購入していたのであった。ケースはNexus 5に傷1つつけなかったTPUタイプ一択。


アプリは全て内蔵ストレージに移動する

ASUSシステム更新のダイアログにあるように、アプリは全て内蔵ストレージに移動しておく必要がある。大容量のSDカードを挿してそちらにアプリをインストールしていた場合、この内蔵ストレージに移動させる作業が一番大変だ。容量の関係で、アプリの断捨離を行う必要があるかもしれない。

幸いにも、Zenfone Selfieを入手して日が浅かったので、インストールしてあったアプリもそれもどなく、全てを内蔵ストレージに移すことができた。

バッテリーは40%以上充電済みであること

充電 40%

システム更新(アップグレード)しようとすると、バッテリーの状態がチェックされる。たとえ充電中であっても、40%チャージ済みでないと更新できない。更新作業中にケーブルが抜けて充電されなくなると、作業中にシャットダウンされてしまうこともあるので、賢明な処置だ。
一旦offにして電力の消費を抑え、40%になるまで待った。


トラブルなくアップグレード終了

バッテリーが40%になってから、アップグレード作業開始。作業中も充電し続けたが、完了後に見てみたら39%になっていた。40%必要と警告されているが、この結果を見ると、充電ながらアップグレードしたほうがよさそうだ。

ポケモンGOの起動とか、少し早くなった気がする。アプリをすべて内蔵ストレージに移動しているので、その影響かもしれない。いずれにせよ、Nexus5よりは遅くてイライラすることに変わりはないが。

ポケモンGOは、まぁ、動くしそこそこプレーできるのだが、起動は遅いしメモリなくなってくるし、快適にプレーできるスマホではないだろう。Zenfone SelfieはIntel CPUなので、そのあたりの問題もあるような気がしている。



2016/09/08

通信エラー AMBE02 でnanacoモバイルが使えない

古いガラケーのiアプリは使えないんだと

久しぶりにnanacoのチャージをしようとiアプリを起動したら、バージョンアップの処理の途中で通信エラー。アンテナ3本立っているから、電波状態の問題ではないと判断して、何度か試してみるも、状況変わらず。

ググってみて、こんな書き込み発見。電子マネー nanaco 【公式サイト】 : SHA-2非対応の携帯電話、およびパソコンをご利用のお客さまへというのがペロッとでていた。
ドコモのページを見たらソフトウェア更新されないので、nanacoモバイル使えないということか。現在チャージされている分は使えるけど、ネット経由での操作ができないということなので、使い切ったらタダの肥やしだな。nanacoカード、タダで手に入れられないかな?



2016/09/04

homebrewのroot権限を落とす

brew updateがエラーになる

Macでパッケージシステムを使うとき、コマンドをインストールするユーザと使うユーザとは分けておいたほうが安全だ、ということで、Homebrewをrootでインストールしていたのだが、最近、brew updateすると
Updating brew...
Error: Running Homebrew as root is extremely dangerous. As Homebrew does not
drop privileges on installation you are giving all build scripts full access
to your system. As a result of the OS X sandbox not handling the root user
correctly HOMEBREW_NO_SANDBOX has been set so the sandbox will not be used. If
we have not merged a pull request to add privilege dropping by November 1st
2016 running Homebrew as root will be disabled. No Homebrew maintainers plan
to work on this functionality.
Error: Running Homebrew as root is extremely dangerous. As Homebrew does not
drop privileges on installation you are giving all build scripts full access
to your system. As a result of the OS X sandbox not handling the root user
correctly HOMEBREW_NO_SANDBOX has been set so the sandbox will not be used. If
we have not merged a pull request to add privilege dropping by November 1st
2016 running Homebrew as root will be disabled. No Homebrew maintainers plan
to work on this functionality.
Updated Homebrew from 8bf787c to d39eeac.
Updated 6 taps (caskroom/cask, homebrew/boneyard, homebrew/core, homebrew/versions, mackerelio/mackerel-agent, motemen/mackerel-agent).
==> New Formulae
 :
と、エラーが出るようになった。rootでHomebrewを使うのは危険だし、root権限を途中で捨てるような処理を入れるつもりもないよ。ということのようだ。

brew doctorで修正方法を調べる

今までrootで使ってきたのだが、再インストールしないとだめなのか?それは面倒だから勘弁してほしい。
まずはbrew doctorしてみる。
dummy $ brew doctor
Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry and just ignore them. Thanks!

Warning: /usr/local/Frameworks isn't writable.

This can happen if you "sudo make install" software that isn't managed
by Homebrew. If a formula tries to write a file to this directory, the
install will fail during the link step.

You should change the ownership and permissions of /usr/local/Frameworks back to
your user account.
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local/Frameworks

Warning: /Users/dummy/Library/Caches/Homebrew isn't writable.
This can happen if you run `brew install` or `brew fetch` as another user.
Homebrew caches downloaded files to this location.

You should change the ownership and permissions of /Users/dummy/Library/Caches/Homebrew
back to your user account.
  sudo chown -R $(whoami) /Users/dummy/Library/Caches/Homebrew

Warning: /usr/local is not writable.

You should change the ownership and permissions of /usr/local
back to your user account.
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local

Warning: /Users/dummy/Library/Logs/Homebrew isn't writable.
Homebrew writes debugging logs to this location.

You should change the ownership and permissions of /Users/dummy/Library/Logs/Homebrew
back to your user account.
  sudo chown -R $(whoami) /Users/dummy/Library/Logs/Homebrew

Warning: /usr/local/opt isn't writable.

You should change the ownership and permissions of /usr/local/opt
back to your user account.
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local/opt

Warning: Some directories in /usr/local/share/locale aren't writable.
This can happen if you "sudo make install" software that isn't managed
by Homebrew. If a brew tries to add locale information to one of these
directories, then the install will fail during the link step.

You should `sudo chown -R $(whoami)` them:
    /usr/local/share/locale
    /usr/local/share/locale/af
    /usr/local/share/locale/af/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/am
    /usr/local/share/locale/am/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/an
    /usr/local/share/locale/an/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ar
    /usr/local/share/locale/ar/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/as
    /usr/local/share/locale/as/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ast
    /usr/local/share/locale/ast/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/az
    /usr/local/share/locale/az/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/be
    /usr/local/share/locale/be/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/be@latin
    /usr/local/share/locale/be@latin/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/bg
    /usr/local/share/locale/bg/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/bn
    /usr/local/share/locale/bn/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/bn_IN
    /usr/local/share/locale/bn_IN/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/bs
    /usr/local/share/locale/bs/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ca
    /usr/local/share/locale/ca/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ca@valencia
    /usr/local/share/locale/ca@valencia/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/cs
    /usr/local/share/locale/cs/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/cy
    /usr/local/share/locale/cy/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/da
    /usr/local/share/locale/da/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/de
    /usr/local/share/locale/de/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/dz
    /usr/local/share/locale/dz/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/el
    /usr/local/share/locale/el/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/en
    /usr/local/share/locale/en/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/en@shaw
    /usr/local/share/locale/en@shaw/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/en_CA
    /usr/local/share/locale/en_CA/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/en_GB
    /usr/local/share/locale/en_GB/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/eo
    /usr/local/share/locale/eo/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/es
    /usr/local/share/locale/es/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/et
    /usr/local/share/locale/et/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/eu
    /usr/local/share/locale/eu/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/fa
    /usr/local/share/locale/fa/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/fi
    /usr/local/share/locale/fi/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/fr
    /usr/local/share/locale/fr/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ga
    /usr/local/share/locale/ga/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/gd
    /usr/local/share/locale/gd/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/gl
    /usr/local/share/locale/gl/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/gu
    /usr/local/share/locale/gu/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/he
    /usr/local/share/locale/he/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/hi
    /usr/local/share/locale/hi/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/hr
    /usr/local/share/locale/hr/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/hu
    /usr/local/share/locale/hu/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/hy
    /usr/local/share/locale/hy/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/id
    /usr/local/share/locale/id/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/is
    /usr/local/share/locale/is/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/it
    /usr/local/share/locale/it/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ja
    /usr/local/share/locale/ja/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ka
    /usr/local/share/locale/ka/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/kk
    /usr/local/share/locale/kk/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/kn
    /usr/local/share/locale/kn/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ko
    /usr/local/share/locale/ko/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ku
    /usr/local/share/locale/ku/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/lt
    /usr/local/share/locale/lt/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/lv
    /usr/local/share/locale/lv/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/mai
    /usr/local/share/locale/mai/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/mg
    /usr/local/share/locale/mg/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/mk
    /usr/local/share/locale/mk/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ml
    /usr/local/share/locale/ml/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/mn
    /usr/local/share/locale/mn/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/mr
    /usr/local/share/locale/mr/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ms
    /usr/local/share/locale/ms/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/nb
    /usr/local/share/locale/nb/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/nds
    /usr/local/share/locale/nds/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ne
    /usr/local/share/locale/ne/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/nl
    /usr/local/share/locale/nl/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/nn
    /usr/local/share/locale/nn/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/oc
    /usr/local/share/locale/oc/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/or
    /usr/local/share/locale/or/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/pa
    /usr/local/share/locale/pa/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/pl
    /usr/local/share/locale/pl/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ps
    /usr/local/share/locale/ps/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/pt
    /usr/local/share/locale/pt/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/pt_BR
    /usr/local/share/locale/pt_BR/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ro
    /usr/local/share/locale/ro/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ru
    /usr/local/share/locale/ru/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/rw
    /usr/local/share/locale/rw/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/si
    /usr/local/share/locale/si/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/sk
    /usr/local/share/locale/sk/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/sl
    /usr/local/share/locale/sl/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/sq
    /usr/local/share/locale/sq/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/sr
    /usr/local/share/locale/sr/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/sr@ije
    /usr/local/share/locale/sr@ije/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/sr@latin
    /usr/local/share/locale/sr@latin/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/sv
    /usr/local/share/locale/sv/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ta
    /usr/local/share/locale/ta/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/te
    /usr/local/share/locale/te/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/tg
    /usr/local/share/locale/tg/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/th
    /usr/local/share/locale/th/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/tl
    /usr/local/share/locale/tl/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/tr
    /usr/local/share/locale/tr/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/tt
    /usr/local/share/locale/tt/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/ug
    /usr/local/share/locale/ug/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/uk
    /usr/local/share/locale/uk/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/vi
    /usr/local/share/locale/vi/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/wa
    /usr/local/share/locale/wa/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/xh
    /usr/local/share/locale/xh/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/yi
    /usr/local/share/locale/yi/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/zh_CN
    /usr/local/share/locale/zh_CN/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/zh_HK
    /usr/local/share/locale/zh_HK/LC_MESSAGES
    /usr/local/share/locale/zh_TW
    /usr/local/share/locale/zh_TW/LC_MESSAGES

Warning: Some directories in /usr/local/share/man aren't writable.
This can happen if you "sudo make install" software that isn't managed
by Homebrew. If a brew tries to add locale information to one of these
directories, then the install will fail during the link step.

You should `sudo chown -R $(whoami)` them:
    /usr/local/share/man/de
    /usr/local/share/man/de/man1
    /usr/local/share/man/es
    /usr/local/share/man/es/man1
    /usr/local/share/man/fr
    /usr/local/share/man/fr/man1
    /usr/local/share/man/hr
    /usr/local/share/man/hr/man1
    /usr/local/share/man/hu
    /usr/local/share/man/hu/man1
    /usr/local/share/man/it
    /usr/local/share/man/it/man1
    /usr/local/share/man/man4
    /usr/local/share/man/man5
    /usr/local/share/man/man7
    /usr/local/share/man/man8
    /usr/local/share/man/pl
    /usr/local/share/man/pl/man1
    /usr/local/share/man/pt_BR
    /usr/local/share/man/pt_BR/man1
    /usr/local/share/man/pt_PT
    /usr/local/share/man/pt_PT/man1
    /usr/local/share/man/ro
    /usr/local/share/man/ro/man1
    /usr/local/share/man/ru
    /usr/local/share/man/ru/man1
    /usr/local/share/man/sk
    /usr/local/share/man/sk/man1
    /usr/local/share/man/zh
    /usr/local/share/man/zh/man1

Warning: /usr/local/lib/python2.7/site-packages isn't writable.
This can happen if you "sudo pip install" software that isn't managed
by Homebrew. If you install a formula with Python modules, the install
will fail during the link step.

You should change the ownership and permissions of /usr/local/lib/python2.7/site-packages
back to your user account.
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local/lib/python2.7/site-packages

Warning: /usr/local is not writable.
Even if this directory was writable when you installed Homebrew, other
software may change permissions on this directory. For example, upgrading
to OS X El Capitan has been known to do this. Some versions of the
"InstantOn" component of Airfoil or running Cocktail cleanup/optimizations
are known to do this as well.

You should change the ownership and permissions of /usr/local back to
your user account.
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local

Warning: /usr/local/var isn't writable.

This can happen if you "sudo make install" software that isn't managed
by Homebrew. If a formula tries to write a file to this directory, the
install will fail during the link step.

You should change the ownership and permissions of /usr/local/var back to
your user account.
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local/var

Warning: Your XQuartz (2.7.8) is outdated
Please install XQuartz 2.7.9:
  https://xquartz.macosforge.org

Warning: You have unlinked kegs in your Cellar
Leaving kegs unlinked can lead to build-trouble and cause brews that depend on
those kegs to fail to run properly once built. Run `brew link` on these:
    gnutls2

Warning: Homebrew's sbin was not found in your PATH but you have installed
formulae that put executables in /usr/local/sbin.
Consider setting the PATH for example like so
  echo 'export PATH="/usr/local/sbin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

Warning: Your Homebrew is outdated.
You haven't updated for at least 24 hours. This is a long time in brewland!
To update Homebrew, run `brew update`.
dummy $

修正方法が長々と表示されたが、
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local
でほとんど片付いてしまうようだ。

brew doctorに従って修正する

brew doctorに従ってディレクトリの権限を直せば、移行作業終了。outdatedだとかunlinkedだとかはrootの問題ではないので、別途対応すればよい。でもこれ、間違って/usr/local/以下のファイルを消しても気がつかないよね。ファイルがないならエラーで気付くかもしれないけど、違う内容で上書きしていたら結構悲惨だ。
アプリケーションフォルダは
drwxrwxr-x+ 126 root  admin  4284  9  3 06:12 /Applications/
となっているから、多少マシか?でも、自分がインストールできるよう、adminグループに入れているだろうから、あまり変わらないか。
ますますTimeMachineでのバックアップが重要になったという気がする。


2016/08/23

梱包おしい!日本郵便

タイミングがあわずなかなか注文できなかったのだが、ようやくソフトウェアデザイン 2016年 09 月号 [雑誌]をアマゾンで注文。ところが、配送予定日が台風直撃となった。濡れてしまうかと思ったら、ビニールでラッピング。そこまでの対応は予想していなかったので、びっくり。
ただ、端のほうから染みてしまった。惜しい。


2016/08/02

ポケモンGOおすすめプレースタイル

あまりスマホを見ないでポケモンGOをプレイする

街中でスマホの画面を操作している人を本当によく見るようになった。以前から同じような位置ゲーでIngressがあったけど、やっているような操作をする人を街角で見かけることはあまりなかった。
ついつい画面に集中してしまうけど、あまり画面を見ないでプレイする設定があるので紹介してみる。

ネットストラップをスマホにつける

カプセルを投げたりポケストップで回したりと、操作するシーンが多い。手で持っているとそれだけ落としやすくなるので、手から滑り落ちても地面に激突しないよう、ネックストラップをつけることをお勧めする。

楽天でネックストラップを探す

Bluetoothヘッドホンを使う

ポケモンGOの設定画面で

  • 音楽→Off
  • 効果音→On
にすると、ポケストップに近づいた時やポケモンが現れた時に、音で知らせてくれる。なので、画面を見ながらウロウロする必要がなくなる。音はヘッドホンで聞けば良いのだが、スマホを頻繁に操作するので、ヘッドホンのコードが邪魔になる。
こういうときのために、Bluetoothがある。耳掛け式ヘッドフォン購入 | Hiroaki's blogには書いていないけど、Jabra DogTagデザイン Bluetoothステレオヘッドセット BT3030を使って、普通の耳掛け式ヘッドホンにつないでいる。bluetoothヘッドホンでいいのがないのであれば、こういったアダプターを使うのも手。

楽天でbluetooth イヤホンを探す

スマホを振動させる

設定画面で「振動」にチェックを入れておくと、ポケモンが現れた時にスマホがブルブルって震えて知らせてくれる。音を聞き逃してもブルブル震えて知らせてくれるので、これでバッチリ。

バッテリー節約のため、画面が消えるようにスマホを持つ

バッテリーセーバーをonにした場合、スマホを水平から少し向こうに傾けるように持つと、地図が消えてポケモンのロゴがうっすら表示された黒い画面になる。バッテリー節約の1つに画面を暗くするというのがあるけど、ポケモンGOでは少し向こうに傾けるだけでOK。音がしたりブルブル震えたりしてから画面を見れば、どこかにポケモンがいたりポケストップがあったりするので、プレイには困らない、はず。ARモードonでプレイしている人には無理だけど、そういうことをする人は、そもそもバッテリーをケチってはいけない。バッテリー2台持ちを検討しよう。充電を待っている時間をポケモン探しに振り分けた方がいいに決まっている。

画面の拡大、縮小をうまく使う

2本の指で画面をつまむようになぞると、より広い範囲が表示される。逆に押し拡げるようにすると、狭い範囲が拡大される。これをうまく使えば、遠くのポケモンを探すことができるし、ポケストップのそばにいてタッチしにくいポケモンも捕まえやすくなる。スマホの操作の1種だけど、こういった操作をうまく使って楽しくプレイしよう。カプセルが開かないとか、まだ荒削りの部分がある気がするけど、そのうち改善される、だろう。



2016/07/24

MacとWindowsでキーボードを共有するケーブル

MacとWindowsでキーボードとマウスを共有する

MacとWindowsを並べて使っている場合、1つのキーボードとマウスで両方とも操作できると便利だ。以前、Synergy復活 | Hiroaki's blogに書いたように、Synergyという共有ソフトを使用していた。ただ、バージョンによってはうまく動かず、案の定、MacをOS X El Capitanにアップグレードしたところ、動かなくなった。そこで、ソフトで共有するのは諦めて、MacとWindowsをお手軽接続することができる「KB-USB-LINK3M」を参考に、共有用のケーブルを購入することにした。

キーボード・マウス共有ケーブルKB-USB-LINK3M

サンワサプライ ドラッグ&ドロップ対応USB2.0リンクケーブル(Mac/Win対応) 1.8m KB-USB-LINK3Mはキーボードとマウスを共有するためのケーブルだ。Mac-Windowsだけでなく、Mac-Macでも、Windows-Windowsでも共有できるらしい。
今回は、Windows側のキーボード・マウスでMacも動かすことにした。

OS X El Captionで使うにはアップデートが必要

OS X El Captionで使うには、アップデートが必要らしい。ケーブルの根元に入っているであろうファームウェアを更新するのだろう。
更新手順はwww.sanwa.co.jp/support/download/driver/cable/link3mfw109/index.htmlにあるのだが、なぜだかアップデート用ファイルのリンク先が手順書のページになっており、ファイルの入手で迷子になってしまった。
正しい入手先は

Windows用
KB-USB-LINK3M のソフト(ドライバ)ダウンロード - サンワサプライ株式会社
Mac用
KB-USB-LINK3M のソフト(ドライバ)ダウンロード - サンワサプライ株式会社
である。
アップデートすると、古いMacでは使えなくなるらしい。更新手順の途中に記述がある。

アップデートはWindowsで行うべき

手順に従ってiMacでアップデートしてみたのだが、ケーブルを挿し直してもなぜか動かない。更新手順書にあるバージョン確認方法で確認したところ、手順書にあるバージョンにはなっていなかった。何度やってもバージョンが上がらないので、Macでのアップデートは断念。Windowsでアップデートしたところ、手順書通りのバージョンになった。ま、未だにMac版の扱いってこんなもんだよね。
これ、何度も挿したり抜いたりしないといけないので、USBがディスプレイの背面にしかないiMacでは結構大変だった。

「挿すだけ」は便利

Synergyの場合、共有相手のIPアドレスを設定する必要があったので、ネットワークの影響を受けているのか、設定の問題なのか、うまく動かない時の調査が面倒だった。また、環境の問題なのか、自動起動できず、再起動するたび手動でSynergyを起動させる必要があった。共有ケーブルだと挿すだけで済むし、マルチディスプレイだからといって別途費用がかかるわけでもないし、イイネ。



2016/07/22

ページオブジェクトパターンでブラウザテストを書け!Seleniumデザインパターン&ベストプラクティスを読んで

ブラウザテストツールとしてSeleniumが知られるようになってきて、3冊ほど本が出た。そのうち、O'Reillyから出ているSeleniumデザインパターン & ベストプラクティスを読んでみた。

概要

1章
Selenium IDEは結局使わない。1.6からが本番。本書ではテストをRubyで書いている。テストのフレームワークはTest::Unitを使っている。
2章
テストコードでありがちな問題。
3章
テストをリファクタリングしてみる。
4章
テスト用のデータをテストコードから分離する。
5章
テストの安定化。Webシステム特有の問題に対処する。
6章
ブラウザテストとは。ブラウザに表示されるか?クリックしたらどの画面に遷移するか?といった振る舞いのテストである。
7章
テストをPage Objectパターンに書き換える。
8章
テストを保守し、どういった方針で充実させていくか。

ブラウザテストはぺージオブジェクトパターンで作る

Seleniumは言語に依存しないため、各言語から使いやすくするためのバインディングが用意されている。使い方がシンプル(Seleniumの薄っすい話4:俺と非公式バインディング - Qiitaが分かりやすい)なため、非公式なバインディングを含め、様々な言語のバインディングが作られている。
ブラウザテストは振る舞いテストなので、テスト対象と同じ言語でテストを書く必要はない。だから、書きやすいと思う言語で書けば良い。

本書はRubytest::unitでテストを書いているが、他の言語で役に立たないということはない。むしろ、ページオブジェクトパターンの重要性の説明が本当の目的ではないか?
ただ、ページオブジェクトパターンでやろうとする事はどんなWebシステムのテストコードでもやることなので、本書のように一から作るのではなく、SitePrismのようなライブラリを使う方が効率的だろう。SitePrismに関する日本語の記事はあまり見かけないが、例えばSitePrismを使ってSelenium+Capybaraのテストをぺージオブジェクトパターンで書くなどがある。

目次より

目次
まえがき
監訳者まえがき
はじめに

1章 最初のテストを書く
    1.1 Selenium を選択する
        1.1.1 適材適所
        1.1.2 価格
        1.1.3 オープンソース
        1.1.4 柔軟性
    1.2 Record and Playback パターン
        1.2.1 Record and Playback パターンの利点
        1.2.2 Record and Playback パターンの欠点
    1.3 Selenium IDE に取り掛かる
        1.3.1 Selenium IDE のインストール
        1.3.2 最初のテストを記録する
        1.3.3 テストを保存する
    1.4 Selenium コマンドを理解する
        1.4.1 Selenese を読む
    1.5 Ruby とSelenese を比較する
        1.5.1 Selenium コマンドをさまざまな言語と比較する
    1.6 Selenium テストをRuby で書く
        1.6.1 Test::Unit を導入する
        1.6.2 アサートを導入する
        1.6.3 テストをインタラクティブにデバッグする
    1.7  まとめ

2章 Spaghetti パターン
    2.1 Spaghetti パターン
        2.1.1 Spaghetti パターンの利点
        2.1.2 Spaghetti パターンの欠点
    2.2 商品レビュー機能をテストする
        2.2.1 商品レビューテストに取り掛かる
        2.2.2 ページ上の要素を指定する
        2.2.3 ロケータ
        2.2.4 ロケータのコードを書く
        2.2.5 クリックとアサーションを実装する
        2.2.6 レビュー重複テスト
    2.3 失敗の理由
    2.4 Chain Linked パターン
    2.5 Big Ball of Mud パターン
    2.6 まとめ

3章 テストをリファクタリングする
    3.1 テストをリファクタリングする
    3.2 DRY テストパターン
        3.2.1 DRY テストパターンの利点
        3.2.2 DRY テストパターンの欠点
    3.3 Hermetic テストパターン1
        3.3.1 Hermetic テストパターンの利点
        3.3.2 Hermetic テストパターンの欠点
        3.3.3 テスト同士の依存関係を取り除く
    3.4 汎用的なDRY メソッドを作る
        3.4.1 汎用的なメソッドを使ってリファクタリングする
    3.5 ランダム実行順序原則
        3.5.1 ランダム実行順序原則の利点
        3.5.2 ランダム実行順序原則の欠点
    3.6 まとめ

4章 データ駆動テスト
    4.1 データの妥当性とアクセシビリティ
    4.2 入力データをハードコーディングする
        4.2.1 テストデータをテストから隠蔽する
    4.3 テストフィクスチャ
        4.3.1 フィクスチャデータをパースする
        4.3.2 テストにフィクスチャデータを使う
    4.4 API をフィクスチャデータのソースとして使う
    4.5 データスタブを使う
    4.6 Default Values パターン
        4.6.1 Default Values パターンの利点
        4.6.2 Default Values パターンの欠点
        4.6.3 Default Values パターンとfaker ライブラリを融合させる
    4.7 まとめ

5章 テストを安定させる
    5.1 安定を保つ文化カルチャを築く
        5.1.1 すばやく実行し、すばやく失敗させる
        5.1.2 できる限り頻繁に実行する
        5.1.3 クリーンで一貫性のある環境を保つ
        5.1.4 間違ったコード変更を捨てる
        5.1.5 安定したテストスイートを維持する
    5.2 Ajax を待つ
        5.2.1 Ajax 遅延なしにテストする
        5.2.2 明示的な遅延を使ってAjax フォームをテストする
    5.3 JavaScript アニメーションを待つ
    5.4 Action Wrapper パターン
        5.4.1 Action Wrapper パターンの利点
        5.4.2 Action Wrapper パターンの欠点
        5.4.3 Action Wrapper パターンを実装する
    5.5 Black Hole Proxy パターン
        5.5.1 Black Hole Proxy パターンの利点
        5.5.2 Black Hole Proxy パターンの欠点
        5.5.3 Black Hole Proxy パターンを実装する
    5.6 テストをテストしよう
    5.7 まとめ

6章 振る舞いをテストする
    6.1 振る舞い駆動開発
        6.1.1 BDD の利点
        6.1.2 BDD の欠点
    6.2 ショッピングカートの振る舞いをテストする
        6.2.1 ショッピングカートの振る舞いを記述する
        6.2.2 ステップ定義を書く
        6.2.3 BDD は自分のプロジェクトにふさわしいか?
    6.3 Cucumber
        6.3.1 フィーチャファイル
        6.3.2 ステップ定義ファイル
        6.3.3 config ディレクトリ
    6.4 Cucumber スイートを実行する
    6.5 Write Once, Test Everywhere パターン
        6.5.1 Write Once, Test Everywhere パターンの利点
        6.5.2 Write Once, Test Everywhere パターンの欠点
    6.6 モバイルサイトをテストする
        6.6.1 Selenium ラッパを更新する
        6.6.2 購入API をテストする
    6.7 まとめ

7章 Page Object パターン
    7.1 オブジェクトを理解する
        7.1.1 オブジェクトを文字で表現する
        7.1.2 プログラムでオブジェクトを表現する
        7.1.3 オブジェクトを使ってウェブページを表現する
    7.2 Page Object パターン
        7.2.1 Page Object パターンの利点
        7.2.2 Page Object パターンの欠点
    7.3 Page Object フレームワークを作る
        7.3.1 Page スーパークラスを作る
        7.3.2 サイドバーオブジェクトを実装する
        7.3.3 ページに自己検証を追加する
        7.3.4 個々のページクラスを実装する
        7.3.5 ウェブサイトの成長に合わせて、サイドバーオブジェクトを増やす
    7.4 Page Object フレームワークを使ってテストを実行する
        7.4.1 Test::Unit フレームワークでPage Object を使う
        7.4.2 別のテストフレームワークでPage Object を使う
    7.5 Test Tool Independence パターン
        7.5.1 Test Tool Independence パターンの利点
        7.5.2 Test Tool Independence パターンの欠点
    7.6 Page Object の正しい実装方法
        7.6.1 テストよりもページを賢くする
        7.6.2 ページよりもテストを賢くする
        7.6.3 継承の代わりにモジュールを使う
        7.6.4 Page Object にロジックを置く
    7.7 まとめ

8章 テストスイートを成長させる
    8.1 テストスイートを書くための戦略
        8.1.1 さまざまなタイプのテスト
        8.1.2 スモークテストスイート
        8.1.3 マネーパススイート
        8.1.4 新機能戦略
        8.1.5 バグ駆動戦略
        8.1.6 リグレッションスイート
        8.1.7 99% カバレッジスイート
    8.2 継続的インテグレーション
        8.2.1 テスト環境とテストノードを管理する
        8.2.2 Selenium Grid
        8.2.3 CI ツールを選ぶ
    8.3 FAQ
        8.3.1 どうやって複数のブラウザでテストするのですか?
        8.3.2 どのプログラミング言語でテストを書けば良いですか?
        8.3.3 Selenium を使ってJS 機能をテストすべきでしょうか?
        8.3.4 なぜヘッドレスブラウザを使うべきなのですか?
        8.3.5 私のチームではどのBDD ツールを使うべきでしょうか?
        8.3.6 パフォーマンステストにSelenium を使えますか?
    8.4 まとめ

付録A Selenium をはじめよう
    A.1 コンピュータをセットアップする
        A.1.1 コマンドラインインターフェイスを使う
    A.2 Ruby ランタイム環境を設定する
        A.2.1 Ruby をインストールする
        A.2.2 Firefox をインストールする
    A.3 テストクラスの命名規則を理解する
        A.3.1 ファイルを命名する
        A.3.2 クラスを命名する
        A.3.3 名前空間を理解する
        A.3.4 オブジェクト継承を示す
    A.4 まとめ

付録B Test::Unit によるデータ駆動テスト

索引