2014/11/22

td-agentをupdateする

HerokuにElasticsearch + Kibanaの環境を作る | Hiroaki's blogで環境を用意したので、 Fluent::Plugin::Elasticsearch, a plugin for FluentdをCentOS 5.10に入れようとしたら、gemのインストールでエラーになる。

ふと、 fluentd - Treasure Agent(td-agent)の1と2の今後 - Qiitaという記事を見つけ、 td-agent2をCentOSにインストールする - Qiitaに従ってupdateしてみる。

$ /usr/lib64/fluent/ruby/bin/fluent-gem list > /tmp/fluent-gem.list
$ sudo yum remove td-agent
$ curl -L http://toolbelt.treasuredata.com/sh/install-redhat-td-agent2.sh | sh
いきなりinstall scriptを実行して大丈夫か?と思ったけど、ちゃんとsudoするので、これでOK。
というわけで、/tmp/fluent-gem.listを見ながら前のバージョンで入れていたpluginを入れていく。

$ sudo /usr/sbin/td-agent-gem install fluent-plugin-rewrite-tag-filter
がエラーになるので調べたところ、 rewrite_tag_filter Output Plugin | Fluentdで、本体に取り込まれていることを知る。
ので、これはskip。


0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: