2007/08/27

Server 2008 を入れてみる

Windows Server 2008を入れてみることにする。beta3を入れてみたけど、より新しいものがTechNet/MSDN Subscriptionで入手可能ということで、そちらでやり直し。
実環境を整えるのは無理なので、VMware Server 1.0.3を使う。

Server 2003として仮想マシンを作った後、メモリを調整。後は、インストールメディアからインストールするだけ。
インストール後、VMware Toolを入れる。なぜかインストールウィザードの画面が出るところでVMware ServerのConsoleが無反応になったので、closeボタンで無理やり終わらせて、再度起動。インストールダイアログに従って作業を進めておしまい。

試してみたいのは、Server Coreと呼ばれるGUIなしバージョン。 Server Core インストール オプションを参考に仮想マシンを用意する。ディスクは1Gだとインストール時に不足したので、3.5G。
インストールは無理せずGUIで行う。インストール後の設定は、上記ドキュメントを見ながら進める。何はともあれ、NICが使えないと何もできないので、VMware Toolのインストール。インストールウィザードが動かないので、D:\にマウントされたVMware Toolのディスクイメージから手動でNICのドライバを入れる。program filesの下を適当にたどり、vmware-nic.infをインストール。

今日はこれで時間切れ。GUIなしは、設定スクリプトが充実しないと辛いかな?それなりの設定にしようとすると、情報がそろっていないということもあるけど、現状、OpenBSDのインストールよりもしんどいな。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: