Server 2008 を入れてみる

2007/08/27

vmware windows

t f B! P L

Windows Server 2008を入れてみることにする。beta3を入れてみたけど、より新しいものがTechNet/MSDN Subscriptionで入手可能ということで、そちらでやり直し。
実環境を整えるのは無理なので、VMware Server 1.0.3を使う。

Server 2003として仮想マシンを作った後、メモリを調整。後は、インストールメディアからインストールするだけ。
インストール後、VMware Toolを入れる。なぜかインストールウィザードの画面が出るところでVMware ServerのConsoleが無反応になったので、closeボタンで無理やり終わらせて、再度起動。インストールダイアログに従って作業を進めておしまい。

試してみたいのは、Server Coreと呼ばれるGUIなしバージョン。 Server Core インストール オプションを参考に仮想マシンを用意する。ディスクは1Gだとインストール時に不足したので、3.5G。
インストールは無理せずGUIで行う。インストール後の設定は、上記ドキュメントを見ながら進める。何はともあれ、NICが使えないと何もできないので、VMware Toolのインストール。インストールウィザードが動かないので、D:\にマウントされたVMware Toolのディスクイメージから手動でNICのドライバを入れる。program filesの下を適当にたどり、vmware-nic.infをインストール。

今日はこれで時間切れ。GUIなしは、設定スクリプトが充実しないと辛いかな?それなりの設定にしようとすると、情報がそろっていないということもあるけど、現状、OpenBSDのインストールよりもしんどいな。


楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

開発からSREにクラスチェンジしました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ