MacでVSCode Remote Containersのエラーが出たら

2020/09/17

OSX 開発

t f B! P L

Visual Studio CodeのRemote Containers、とても便利ですね。開発に必要な環境をすべてDockerコンテナに押し込めるので、手元のマシンが汚れなくてすみます。
Macで試したらエラーが出たので、ちょっとメモ。

Visual Studio Codeで出たdockerが見つからないエラー

Visual Studio Code Remote Containersとは

VSCode Remote Containerが良い - Qiitaを参照。

VSCode Remote Containerが良い - Qiita

Visual Studio Code Remote Development VSCode Remote Containerは、VSCodeの拡張機能の1つです。 Dockerのコンテナ内でVSCodeを開き、開発することを可能にし...

Macで使うには、こちらの記事のほうがわかりやすいかも。

[Mac] VSCode で Docker による開発環境を利用する方法

今回は VSCode の Remote -Containers を使用して、Docker による開発環境の構築方法とその利用方法について説明します。

Docker returned an error. Make sure the Docker daemon is running.

記事をまねしてMacでやってみたところ、上記のようなエラーが出てしまう。Docker Desktopが起動していることは確認できていて、ターミナルで

docker ps
と打ってもエラーにならない。

どうやらVSCodeからはdockerコマンドが見つからないらしい。

VSCodeのdockerコマンドを修正する

見つからないならフルパスで指定すればよい。ということで、設定を直す。
下図の赤丸をクリックして、設定メニューを表示させる。

Visual Studio Codeの設定アイコン
表示されたメニューからSettingsを選択。
Visual Studio Codeの設定メニュー
設定項目が表示されるので、下図赤丸のように
docker
と入力して、設定項目を絞り込む。
Visual Studio Codeの設定項目を絞り込む
黄色で囲んだ
Remote - Containers
が、Remote Containersの設定項目。右側の説明にあるように、dockerコマンドを指定するようになっているので、ここを
/usr/local/bin/docker
に変更する。
これでOK。

ログインシェルを変えていると遭遇する?

他のブログでは設定のことは書かれていない。おそらく、デフォルトの設定だと問題なく使えるのであろう。ログインシェルを変えていることくらいしか思い当たらないが、まぁ、解決したので良しとしよう。


楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

SREチームがなくなって、開発・運用のメンバーといっしょのDevOpsチームになりました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ