Spring Bootで日本語パラメータが文字化けする

2017/04/29

java tomcat

t f B! P L

日本語が文字化け

とても便利なSpring Boot。改修予算がなくてオワコンのstrutsを使い続けなければならないプロジェクトが続いていたので、ようやくまともな世界に移れた!と思ったら、まさかの文字化け問題 orz

デフォルトは化けない

Spring Bootの名誉のために言っておくと、普通の使い方であれば、まず化けないだろう。GETパラメータやPOSTデータに含まれる日本語の文字コードは、多くの場合、UTF-8であると言い切っていい時代だ。Spring Bootのdefaultも、UTF-8のデータをうまくdecodeするようになっている。

UTF-8じゃないパラメータを扱う

UTF-8ではないパラメータをUTF-8としてdecodeすると、当然おかしなことになって、文字化けしたデータになってしまう。

  • データを一旦バイナリに戻し
  • 改めて文字コードを指定してdecodeする
という手順を踏めば、正しいデータが得られる。
new String(brokenData.getBytes("iso-8859-1"), 正しい文字コード);
でOK。のはずだが、これ、最初のdecodeがiso-8859-1で行われることを想定している。だから、最初にUTF-8でdecodeされてしまった場合、これではうまくいかないのだ。

Spring BootでISO-8859-1でdecodeさせる

TomcatとJettyを選べるのだが、defaultのTomcatの場合。NetBeansでいうところのその他のソース/src/main/rexources/<デフォルト・パッケージ>/application.properties

server.tomcat.uri-encoding=ISO-8859-1
と書く。書かなかった場合のdefaultの文字コードは、最近はUTF-8。昔は違ったようなので、これを書かなくてもうまくいくかもしれないが、バージョンアップしたときのことを考えると、書いておくべきだろう。




楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

開発からSREにクラスチェンジしました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ