Infrastructure As Codeの道のりは長い

2017/11/29

mackerel

t f B! P L

Mackerelを入れてカオスなサーバ管理から脱出する道を作る

転職して2月から働いている職場は、100台以上のサーバから構成されるシステムを構築、運用している。
処理しているデータ量からするとオーバースペックのように思えたので、台数を減らそうとした。が、サーバリソースの使用状況がわからない。Zabbixで監視しているサーバもあるようなのだが、Zabbixの画面がカオスなので、諦めた。

そうは言っても、リソース監視を行わないと削る余裕のあるサーバ群がわからない。というわけで、プライベートで使っているMackerel(マカレル)を導入した。

Mackerelは、AWSインテグレーションやAzureインテグレーションの機能を使って、対象のサーバにmackerel-agentをインストールせずにリソース監視を行うことができる。しかし、mackerel-agentを入れたほうが、より細かいメトリクスを収集できるし、ミドルウェアの状態も監視できる。

構成管理は?

mackerel-agentをインストールしようとして、サーバの構成管理を尋ねた。していなかった。サーバのディスクイメージを取っているとのことだったが、それは管理とは言わない。
構成管理ツールに関して質問しても、回答なし。結局、インフラを見ていた人が退職する時に作った資料に、Ansibleの文字があった。が、すでに構成管理ツールを調べて試用に入っていた段階。横展開する時に再度検討することにした。

これ、今の状況不明な設定状態をベースに構成管理を行っても不安なので、1からやり直す必要がある。先は長い。


楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

開発からSREにクラスチェンジしました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ