OpenWrtのkernelをカスタマイズする

2009/01/01

ipv6 linux openwrt

t f B! P L

OpenWrtで OCNIPv6につなごうと思ってゴソゴソやっていたら、n_hdlcがkernelに入っていなくてl2tpが 動かせなかった。
ないのならいれてしまえぃ、と思ったら、結構手間取ったので、メモ。

クロスコンパイル環境が必要。VMware上に作ってあったwww.centos.org - The Community ENTerprise Operating Systemに作る。OpenWrtのクロスコンパイル環境をDebianに構築してhello,worldするよ! - sdkt4aの日記OpenWrt/BuildRoot - PukiWikiなどを参考にする。一度最新版のコードをチェックアウトしてきて、用意されているスクリプトを動かして必要なツール類を一通り揃えてしまうのが楽。

WLR-G54では最新版(kamikaze)は動かないようなので、whiterussianと呼ばれる1つ前のバージョンをチェックアウトする。

svn checkout https://svn.openwrt.org/openwrt/tags/whiterussian_0.9
そして、一通りビルドしてみる。
 make world
bin/の下にあるopenwrt-~.trxが出来上がったfirmware。これをWLR-G54にインストールして、起動することを確認する。

一度make worldすると、build_mipselというディレクトリが作成されている。build_mipsel/linux/Makefile にある DRIVERS-y += ~drivers/char/n_hdlc.oを追加する。

また、build_mipsel/linux/drivers/char/Makefile にあるobj-y += ~export-objsにn_hdlc.oを追加する。

これで再コンパイルすればよいのだが、make cleanしてしまうとbuild_mipselディレクトリが消されてしまう。

rm build_mipsel/linux/vmlinux
rm build_mipsel/linux/drivers/char/*.o
してからmakeしなおすことで、書き換えたMakefileでkernelを作り直す。

おそらく、target/linux/linux-2.4/patches/ にパッチを置けば、make buildworld一発で済むのだろうけど…。


楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

開発からSREにクラスチェンジしました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ