smbutilを使う

2006/10/01

FreeBSD OSX windows

t f B! P L

Mac OS XやFreeBSDには、 /usr/bin/smbutil というコマンドがある。詳しいことは man してもらうとして、 ざっくり言うと、Windowsのネットワークサービスを使う便利なコマンドだ。

ブロードバンドルータを1台置いてdhcpサーバ機能を有効にし、WindowsなPCを 何台か繋いだ環境を想定してみる。ネットワークコンピュータを見てみると、 繋がっている他のコンピュータが表示されているし、共有フォルダがあれば、それも 表示される。
が、ちょっとここで考えてみよう。通信するには相手のIPアドレスが わからなければならない。dhcpを使っていると、コンピュータに割り当てられる IPアドレスは、常に同じであるという保証はない。Dynamic DNSという機能を使って、 コンピュータ名とdhcpで割り当てられたIPアドレスを登録するという方法もあるが、 そんな機能のないブロードバンドルータを使っていても、 ネットワークコンピュータには繋がっているコンピュータが表示される。一体、 どうやってIPアドレスを調べているのだろうか。

Windowsには、独自の名前解決(コンピュータ名←→IPアドレス 変換)がある。 DNSを使った名前解決も行われるので、Windowsを使っている限り、2つを意識することは ない。UNIXからネットワークコンピュータを探そうと思って始めて、あれ?という ことになる。

と、前振りが長くなったが、smbutilはこのWindowsの名前解決やってくれる。 Windowsの共有フォルダに対していろいろやろうとするなら、 Sambaを使ったほうがいいが、名前さえ 解決できれば…という時は、これ。
例えば、リモートデスクトップのクライアントの1つである、 rdesktopを使うときに

#!/bin/sh

if [ $# -ne 1 ]; then
        echo "Usage: $0 hostname"
        exit 1
fi
smbutil lookup $1 | awk -F $1: '/IP/{print $2;}' | xargs rdesktop -f -a 24 -r sound:remote
のようにwrapすると、Windowsのコンピュータ名を指定できるようになる。

Sambaのクライアントソフトであるsmbclientを使うと、Windowsネットワークに ある共有資源をいろいろと使えるのだが、その話はまたの機会に。


楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

開発からSREにクラスチェンジしました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ