2007/02/08

誤検知

アンチウイルスソフトが誤検知するのはそう珍しい話ではないのだが…。
出荷用のマスターCDを焼いて、ウイルススキャンをかけているときにやられると、 かなりツライ。

  • 本当に問題ないのか
  • 一般ユーザーが使うとなると、どうやって解決すべきか
マスターを焼くということは、開発日程的にもかなり最後になってきているので、 短時間で解決しなければならない。

今回は、NSIS (確か2.16)で配布されていて、作ったインストーラにも含まれるSystem.dllが McAfee VirusScanでスパイウエアとして検知されてしまうという問題に直面。 レポートして定義ファイルを直してもらうというのも手だが、NSISはもっと 新しいバージョンがでている。昔のバージョンでの誤検知が直される可能性は ちと低いのではと推測。インストーラを最新版のNSISで作ることにして回避した。けど、 これはいらない苦労だなぁ。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: