2006/10/14

何とかしたいぞ、BTS

開発やっていて何がたいへんって、見つかった問題点の管理。
何を問題にしているのかがわからない、何を言っているのかわからない、 どういう条件で発生するのかわからない、etc...。わからないまま開発元に 報告しても、問題を再現できなければ直しようがないし、直ったのかどうかも 確認できない。
わからない報告は受け取らないとか、レポートの出し方を指導するとか、通常なら 手はあるでしょうけど、そこはあれ、単なる1担当なので、出来ないことは多い。 というか、1担当がやってしまうと、組織の意味がなくなってしまう。

とはいうものの、今のやり方、Excelに全部まとめるというのは、無理。 何かいいBug Tracking Systemはないかなぁということで見つけたのが、Trac。 Tracのことが書いてあるというので、

WEB。ワDB PRESS Vol。・32
を購入。次のプロジェクトで、実験的に使ってみますか。

というか、そもそも、仕事がやりやすくなるように 教育していかないと、無理だよ。



2 件のコメント :

  1. チャッピー21:22

    Tracはいいらしいね。
    2chの関連スレでも、
    http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/tech/1088818269/
    tracの登場頻度は、mantisとか他のやつより高いみたい。

    返信削除
  2. ソフトの出来も重要ですが、ソフトを使ってタスクをどうやってまわしていくかというのも非常に重要っす。なので、こういう、仕事の部品として使うソフトは、機能がある程度落ち着いているというのも選択のポイントになるかと。仕様がかわってしまうと、場合によってはタスクのまわし方から考え直さなければならないし。

    返信削除

Comments on Google+: