Tomcat DBCPをSpring Boot 2のマルチデータソースでも使うには

2019/04/26

DB java tomcat

t f B! P L

Spring Boot 2でdefaultのDBCPが変更

Spring Boot 2で大きな変更がいくつか行われている。defaultのDBCPがTomcat JDBC Connection PoolからHikariCPになったのもその1つだ。Migrationしようとした時、Tomcat DBCPに依存したコードを書いていた(sql_modeの設定が適切でないので、Poolから接続を持ってくるときに設定しなおすsqlを割り込ませていた)ので、

  • HikariCPに対応したコードに修正する
  • Tomcat DBCPをそのまま使い続ける
の選択に迫られ、検証の作業工数が少なくて済みそうな後者で対応することにした。

Tomcat DBCPを使い続ける設定

application.propertiesに

spring.datasource.type=org.apache.tomcat.jdbc.pool.DataSource
と書いて、pom.xmlで
<dependency>
   <groupId>org.apache.tomcat</groupId>
   <artifactId>tomcat-jdbc</artifactId>
   <version>9.0.16</version>
</dependency>
とすれば、Tomcat DBCPが使われるようになる。

複数のデータソースの場合の設定

Amazon Auroraのように、readとwriteで別々の接続を持たせた方が嬉しいDBMSがある。また、アクセス数が多いシステムであれば、readはレプリカから行うように負荷分散していることも多いはずだ。

たまたま、複数のDBにアクセスする必要があったプログラムをSpring Boot 2にバージョンアップしてみたところ、上記の設定だけではHikariCPが使われてしまっていた。

結局、HikariCPがクラスパス上に存在していなければTomcat DBCPが使われることから、pom.xmlでspring-boot-starter-jdbcを指定する際、

<dependency>
   <groupId>org.springframework.boot</groupId>
   <artifactId>spring-boot-starter-jdbc</artifactId>
   <exclusions>
      <exclusion>
         <groupId>com.zaxxer</groupId>
         <artifactId>HikariCP</artifactId>
      </exclusion>
   </exclusions>
</dependency>

<dependency>
   <groupId>org.apache.tomcat</groupId>
   <artifactId>tomcat-jdbc</artifactId>
   <version>9.0.16</version>
</dependency>
のように、HikariCPを除外するようにして解決した。Spring Boot 2.0 Migration Guideを深読みすれば気が付く内容であったが、application.propertiesの設定でなんとかなるのではないかとがんばってしまった。もしかしたら、なんとかできる設定があるのかもしれない。

HikariCPに乗り換える?

Spring Bootのバージョンアップに関する記事をいくつか見てみたが、Tomcat DBCPをそのまま使い続けようとしているものは検索結果の上位にはなかった。

確かに、DBCPに限らず、いろいろこのタイミングでSpring Bootのdefaultにあわせて変更するのがよさそうに思えるが、そこまで作業工数に恵まれたプロジェクトばかりではないのだ…。


楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

開発からSREにクラスチェンジしました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ