Windows10のスタート画面にショートカットをピン止めする

2016/04/03

aspire Windows10 タブレット

t f B! P L

リンクメニューに置いたショートカットは指で押すには小さすぎる

2in1 Aspire Switch 10E 購入 | Hiroaki's blogでタブレットデビューしてみたのだが、まだまだ使いにくい。指で操作するので選択肢がそれなりに大きくないと選びにくいのだが、リンクメニューにファイルのショートカットを作っても、マウスで操作するときの大きさでしかない。デスクトップに作ればアイコン表示になるので押しやすいが、デスクトップを表示させるのがこれまた手軽ではない。

スタート画面にショートカットをピン留めする手順

というわけで、画面にババンと表示されるスタート画面(タイルメニュー)に、ショートカットを表示させる。これなら、指で押せる大きさのUIになるので、操作性は問題なし。
ショートカットをスタート画面にピン留め - Windows8 - PC設定のカルマを参考に、設定してみる。

  • C:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタートメニュー\プログラムをexplorerで開く。って、そのままではすんなり開かない。 まずexplorerを開いてC:\ユーザー\(ユーザー名)に移動する。

    上部の「表示タブ」を選択して、「隠しファイル」をチェック。すると、AppDataが表示されるようになる。
  • そのままたどってC:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタートメニュー\プログラムを開く。
    ここにショートカットを作れば、それが表示される。
  • 「名前」のカラムで何もない部分を長くタップしてから離すと、メニューが表示される。このメニューの「新規作成」→「ショートカット」を選択。元のファイルを指定してショートカットを作る。この時点で、スタートメニューに表示されるようになっている。
    スタートメニューボタンのすぐ上のリスト?ボタンをクリックして、
    スタートメニューの一覧を表示して、作ったショートカットがあることを確認。
  • タイルメニューに出すには、もう一息。スタートメニューに表示されたショートカットを長押しして、メニューを出す。
    「スタート画面にピン留めする」をチェックすると、タイルメニューに表示されるようになる。

ショートカットを作るときの操作がちょっと辛いので、このときはマウスがあったほうがいいかな?なくてもできるけど。




楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

開発からSREにクラスチェンジしました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ