Tomcatアプリケーションのテストコードを書く

2011/01/29

java testng tomcat

t f B! P L

Excelに引数の組み合わせ表を書いて1つずつ試していったのは昔の話。テスティングフレームワークを使って、こういったことはプログラムで処理するのが普通の時代。

そんなご時世に、Tomcat+Java+いずれかのDB という、ありがちな構成のサーバサイドでテスティングフレームワークを使うときのメモ。

問題になること

  • DBの接続情報はTomcatのリソースとして定義したものを使用している。どうやってDBアクセスモジュールのテストをすればよい?
  • DBにアクセスする部分のテストって、テストデータを用意したりしないといけないから、面倒。テストをバッチで繰り返し実行するとかなると、もっとたいへんそう。
  • Webブラウザでアクセスしたような形でテストするには、どうすればよいのか?
  • 処理結果をhtmlやxmlで返すのだが、どうチェックすればよいのか?

Code Barn Libraries And FrameworksのJUnit JNDI DataSource helper packageを使うと、Tomcatを動かさなくてもJNDIを使ったコードを動かせる。テスト用に別DBを用意して、上記packageの定義ファイルでテスト用DBを差すようにしておくとよい。

テスティングフレームワークでJunitTestNgがあるように、DBのテスティングフレームワークとしてDbUnitDbUnitNGがある。これらを使えば、テストデータの投入やDBのバックアップもOK。

次。do_Get()やdo_Post()を呼び出すようなテストを書けば、ブラウザでアクセスしたあとの処理をテストできる。 httpで送られる引数はどうするか?jmockitといったモックオブジェクトを使って、テスト対象のメソッドから呼び出されたときの値をセットしておく。また、HttpServletRequestWrapperやHttpServletResponseWrapperを使うと便利。

最後に、htmlやxmlのチェックにはHtmlUnitを使う。HttpUnitとどちらがいいのか、正直迷うのだが。

詳しい話は気が向いたら。


楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

開発からSREにクラスチェンジしました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ