2017/12/09

Virtual Hostのログをmackerel-plugin-accesslogで見える化する

アクセスログもMackerelで見える化

Mackerel(マカレル): 新世代のサーバ管理・監視ツールにWebのアクセスログを解析するmackerel-plugin-accesslogというプラグインがある。アクセス数をHttp Status Code別にグラフ化してくれる便利なプラグインだが、Virtual Host別にアクセスログを分けている場合も、使える。

オプションmetric-key-prefix

プラグインのReadMeには書いていないのだが、

-metric-key-prefix
というオプションがある。データを送信するときのキーのprefixを指定するオプションだ。アクセスログごとに異なるprefixを指定すれば、複数のアクセスログを扱うことができる。

mackerel-agent.confの書き方

confファイルの[]の部分をどう書けばよいか迷うが、この部分は重複しなければよい。2つのピリオドで区切られた文字列であるので、plugin.metric.ユニークな文字列 とする。


[plugin.metric.hostA]
command = "mackerel-plugin-accesslog -metric-key-prefix hostA /var/log/httpd/hostA.access_log"

[plugin.metric.hostB]
command = "mackerel-plugin-accesslog -metric-key-prefix hostB /var/log/httpd/hostB.access_log"
のように書けば、hostAのグラフとhostBのグラフがそれぞれ生成される。職場で7個Virtual Hostが動いているApache Httpd Serverがいるが、この設定でそれぞれのグラフが描かれている。

自作プラグインも簡単

便利なプラグインが増えてきているとはいえ、ニーズを満たすようなものがないこともある。プラグインは書きやすいので、自分で書いてみるのもあり。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: