2017/06/17

MacBook Airの充電器の交換は無料だった。が。

電源ケーブルの皮膜が裂けてきた

MacBook Air2台目を購入して2年半くらい。気がついたら、MagSafeの付け根のあたりのコードの皮膜が裂けてきていた。

ACアダプターはいいお値段

モデルによって電源アダプタのワット数が異なるので、まずはMac ノートブックの正しい電源アダプタと電源コードを確認する - Apple サポートで確認。45W。

なかなかのお値段なので、互換品も調べてみる。

純正品と比べると、非常に安い。が、充電関係の事故は、大抵、純正品以外のものを使っていて発生しているから、安くても不安。

AppleCare Protectionが使える

故障したとき、Apple製品は自力で解決するのが難しいので、AppleCare Protection Planを購入していたのだった。まだサポート期間が残っているし、ググると無償対応してもらったという記事もあるので、サポートに連絡してみる。

修理 - Apple サポート 公式サイトから機種を選んでシリアル番号を入力して。サポートはすぐには繋がらないものだから、チャット対応を選んで反応があるまで他のことをして時間を有効活用。
繋がったら、状況を説明して交換希望と伝えると、AppleCare Protection Planの保証の適用で、故意と思われる損傷がない限りは無償で配送交換を行うとのこと。

ところが、ここからが長かった。

交換アダプターを受け取れない

平日は会社だから受け取れないというと、ヤマト運輸が不在票を投函するからという返答だった。
が。
不在票入っていない!!
ちなみに、クロネコメンバーズにも登録しておいて、配達予定は事前にメール通知されるようにしているのだが、その通知もこなかった。

何日待っても不在票がないので、Appleの修理履歴から伝票番号を調べてクロネコメンバーズで確認したところ、どうやら毎日配達しにきているらしい。でも、不在票なんて入っていないよ。

結局受け取れたのは、土曜日。日曜日にサポートに連絡したので、6日かかった。しかも、返却方法が事前のメールと違って、送付に使った箱に詰めて配達員に渡せという。

配送がだめで使えない

トータルでみると、使えないサービスだ。配達の部分で全てが台無し。世間では「再配達が問題」とか言っているが、不在票すら入れないで何をいうか、クロネコヤマト。自業自得のくせにもっともらしい理由をでっちあげて、利用者に不便を押し付けている。手間だろうけど、もっとよい配送業者を使うようにしてほしい>Apple。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: