2015/01/05

マイキーボードを職場に持ち込む

職場ではDell T1650を使っているのだが、これのキーボードがイマイチ。というか、ぺニャぺニャで、ガンガンコードを書くのには向いていない。印刷された資料を見ながらExcelにポチポチ入力していく程度であれば十分なのだが。

5月の連休後にアサインされたプロジェクトが開始前からきな臭く、話を持ちかけた会社から出てきたスケジュールは土日関係なく作業の予定が入れられていて、まさにブラック。案の定、開始直後から仕様がわかる部分だけでも片っ端から実装しないと間に合わない状況となった。少しでもイライラを減らすために、使い心地のよいキーボードを持ち込むことにした。
休日出勤する際に、ヨドバシのキーボードコーナーによってキータッチを確認。英語配列であることと、テンキーレスであることを条件に触ってみて、 ダイヤテック Majestouch MINILA US67キー 青軸 [FFKB67MC/EB] に落ち着いた。というか、これで妥協した。英語配列なのに余分なキーが多く、スペースキーが小さいというのが減点ポイントなのだが、時間をかけて満足いくものを探せる状況ではなかったので。

ちなみにプロジェクトのほうは、上司を巻き込んで、夏休みどころか連休すらない状態で突貫工事。「言われていないことはやらない」方針で、何とか間に合わせた。残業しまくったので大赤字のはずだけど、それは会社の問題。仕様が明示されないから、工数の見積もりのしようがないって散々言っていたのだから。


0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: