2013/11/24

Jpegoptimのrpmを作る

CentOSならrpmで管理したい

パッケージ管理システムを使うのは、軟弱という説もあるが、無用なトラブルを避けるという点で 賢明な選択だと思う。
しかし、新しいソフトウェアだったりマイナーなものだったりすると、rpmが用意されていないことがある。

Jpegoptim

tjko/jpegoptim · GitHubはJpegの容量を削減するソフトウェアで、 Timo Kokkonen - Projectsで公開されている。rpmは用意されていないのだが、ソースをみると、redhatディレクトリにspecファイルが用意されている。specファイルはrpmを作るための設定ファイルなので、これでrpmを作ってみることにする。

specファイルからrpmを作る

SPECファイルからのRPMパッケージの作成という、そのものずばりのページがある。 これに従って作ればいいのだが、ちょっと手を抜く。

  1. Timo Kokkonen - ProjectsからJpegoptimのソースをダウンロード。
  2. ダウンロードしたソースを展開して、redhatディレクトリにあるjpegoptim.specを /usr/src/redhat/SPEC/ にコピー。
  3. ダウンロードしたソースをそのまま(tar.gzのまま) /usr/src/redhat/SOURCE/ にコピー。
  4. sudo rpmbuild -ba jpegoptim.spec と入力して、build。
  5. /usr/src/redhat/RPMS/ にあるディレクトリの下に、rpmが生成される。
rpmさえできてしまえば、パッケージ管理システムにおかませ。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: