2009/10/04

ATOMなマザーボード

おうちサーバーのアップグレードを行う。Pentium 133MHzのシステムから インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2 に交換。

D945GCLF2の箱を開けると
D945GCLF2の箱を開けると posted by (C)hiro

マザーは下の段
マザーは下の段 posted by (C)hiro


箱は小さい。2段になっているのはよくある構成。


パーツの高さ
パーツの高さ posted by (C)hiro

各パーツは低い。

1uのケースにつっかえる
1uのケースにつっかえる posted by (C)hiro

1uのラックケースに入りそうで入らない。が、無理やり押し込んでみる。

ATX
ATX posted by (C)hiro

ATXとの比較
ATXとの比較 posted by (C)hiro

ATXの上に乗せてみた。ライザーカードを使うには、PCIスロット一本分小さい。カバーを何とかすれば使えるかな?


1uのケースの電源ユニット
1uのケースの電源ユニット posted by (C)hiro

1uのケースで使われている電源。マザーボード用に20pinと4pinが出ている。24pinのコネクタには適切な位置で刺さるようになっている。これでも起動する。


リンク先は購入元とは限りません。

【★人気商品】Intel D945GCLF2 ★Atom初デュアルコア×HTで4スレッド同時実行可能!


※「メール便発送」で送料無料【送料無料】DDR2 667MHz SDRAM(PC2-5300) 240Pin DIMM 1GB [ADS5...




0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: