2007/12/17

サーバリプレースその後

なんとか寝る場所を確保する。マザーがむき出し状態なので、猫進入禁止。 815chipなマザーに電源をつなげて、剥き出し状態で起動。 /etc/make.confCPUTYPE=pentiumuと変更してmake buildworldと make buildkernelを流して寝る。明け方にちょっと目を覚ましたときに make installworldとmake installkernel。

P5-133なマザーに繋ぎかえて、グラフィックカードも取りつけて問題切り分け。 よくわからん。そのまま起動させて普段使っているユーザでloginしようとしたら、 サクッと弾かれる。loginは出来るんだけど、shellが立ち上がらずにそのままlogout している様子。なぜ〜?
どうもcsh(tcsh)をログインシェルにしていると弾かれるなぁ、でも、build しなおしたしなぁ、と思ったら、potsのlib何たらが怪しくなってきた。また815chipな マザーにして、portsのlibだけ作り直し。

何度目かわからないけどP5-133なマザーに繋ぎ直して起動。今度はうまくいった。 ネットワークカードもBIOSのPnPの設定をresetにしたらうまくいった様子。 電源を入れ直してもうまく動いているようなので、これで構成は決定。1uのケースに 入れて、ラックに押し込み、電源/LAN/Serial Consoleを繋いで復活。

ここまでやったらもう暗くなっていた。疲れた。果して、実りはあったのだろうか…。

portsは全て作り直さないといかんな。これが負荷テストになる、かな?いろいろ やっているついでにケースFANも交換したので、これで安定するといいのだが。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: