Zenfone SelfieをAndroid 6にアップグレードする

2016/09/24

android Zenfone スマホ

t f B! P L

Android6.0 Marshmallowがようやく到着

Marshmallow アップグレード
一時期アップデートが取り下げられていたZenfone Selfie向けのAndroid 6.0 Marshmallowがようやく登場。今までNexus 5でAndroid 6を使っていたのだが、突然文鎮化、急遽中古で入手したNexus 5もバッテリーがバテて使い物にならなくなってきていたので、ポケモンGOができる安い機種ということで、Zenfone Selfieを購入していたのであった。ケースはNexus 5に傷1つつけなかったTPUタイプ一択。


アプリは全て内蔵ストレージに移動する

ASUSシステム更新のダイアログにあるように、アプリは全て内蔵ストレージに移動しておく必要がある。大容量のSDカードを挿してそちらにアプリをインストールしていた場合、この内蔵ストレージに移動させる作業が一番大変だ。容量の関係で、アプリの断捨離を行う必要があるかもしれない。

幸いにも、Zenfone Selfieを入手して日が浅かったので、インストールしてあったアプリもそれもどなく、全てを内蔵ストレージに移すことができた。

バッテリーは40%以上充電済みであること

充電 40%

システム更新(アップグレード)しようとすると、バッテリーの状態がチェックされる。たとえ充電中であっても、40%チャージ済みでないと更新できない。更新作業中にケーブルが抜けて充電されなくなると、作業中にシャットダウンされてしまうこともあるので、賢明な処置だ。
一旦offにして電力の消費を抑え、40%になるまで待った。


トラブルなくアップグレード終了

バッテリーが40%になってから、アップグレード作業開始。作業中も充電し続けたが、完了後に見てみたら39%になっていた。40%必要と警告されているが、この結果を見ると、充電ながらアップグレードしたほうがよさそうだ。

ポケモンGOの起動とか、少し早くなった気がする。アプリをすべて内蔵ストレージに移動しているので、その影響かもしれない。いずれにせよ、Nexus5よりは遅くてイライラすることに変わりはないが。

ポケモンGOは、まぁ、動くしそこそこプレーできるのだが、起動は遅いしメモリなくなってくるし、快適にプレーできるスマホではないだろう。Zenfone SelfieはIntel CPUなので、そのあたりの問題もあるような気がしている。


楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

開発からSREにクラスチェンジしました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ