青い箱で遊ぶ

2007/02/12

linux

t f B! P L

古いBeOSユーザなら耳にしたことがある、「青い箱」を引っ張り出してきた。
こいつに先日 買った1GBのCFを挿して、PC Unixを入れて遊ぼうと。

さすがにPEX bootどころか、CD bootもできないので、他のマシン (ThinkPad X21) でインストールしたCFを挿すという方針で試してみる。

まずはFreeBSD。 6系は重いという話を耳にしたことがあるので、5.5のネットワークインストール用 CDイメージからブートしてCFにインストール。操作ミスがあると悲惨なので、IDEな ハードディスクは抜いた状態。CFは /dev/ad4 と認識されたので、そのままサクサクと。
で、挿し換えてみると、立ち上がらない。「F1を押せ」とは表示されるものの、 F1を押すと-が表示されたまま動かない。通常は、これがクルクル回ったはずだが…。 続きのboot loaderが/dev/ad4にあると思い込んでいるのだろうか?
よくわからないので、パス。

次。年に1回くらい仕事でも絡む、 Linuxを 入れてみることにする。手堅く Debianで。
本棚にあった雑誌の付録にsargeのインストールCDがあったので、そこからサクサクと。
で、挿し換えてみると、無事起動。んが、dev/console がないといって kernel panic。/etc/fstab は直したから、grubの問題だろうと、起動時にパラメータ 変更画面を呼び出してチェック。ありゃ、/dev/hde1 とおもいっきり書いてある。 /dev/hda1 にしたら無事起動。dmaも動かないので、ide=nodma と書いて、起動時の dmaの動作チェックを省くようにする。

後は、適当に調べながら /etc/apt/ をいじったりIPv6を有効にしたりして一段落。


楽天で探す
楽天市場
にほんブログ村 IT技術ブログへ

人気の投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

開発からSREにクラスチェンジしました。

アフィリエイト

  • 当ブログ「Hiroaki's blog」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
  • アクセストレードアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • A8.netアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • バリューコマースアフィリエイトプログラムに参加しています。
  • もしもアフィリエイトプログラムに参加しています。

プライバシーポリシー

当サイトにアクセスされる場合、IPアドレスなどの情報または閲覧状況に関するデータが機械的に生成され、場合によっては個人情報と関連付けられる可能性があります。プライバシー保護に関する適用法に準じて、これらの通信および閲覧に関するデータを収集、処理、および利用することがあります。
当サイトにアクセスされる場合、非個人情報(ブラウザの種類、OSの種類、ドメイン名、訪問数、平均滞在時間、ページ・ビューなど個人を特定できない情報)が自動収集される場合があります。当サイトのパフォーマンスやコンテンツを改善する目的で、これらの情報を利用する場合があります。
アフィリエイトでは成果を把握するためにcookie等を利用しています。それ以外の目的で使用されることはありません。詳しくは各社のページにて確認してください。
本サイトに掲載する情報に関しては、正しいものを提供することを務めていますが、掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

QooQ