2013/10/03

Macにリモートログインできない原因は、こいつだ!

概要

sshでリモートログインできるように設定し、netstatでも問題ないと確認したにもかかわらずログインできない場合、アンチウイルスソフトがファイアウォールの設定を変えたことが原因かもしれない。

リモートログインできない

いつの頃からか、mac-miniにsshでログインできなくなっていた。ログインしようとしても、しばらく待たされた後、timeoutしてしまう。
mac-mini側でnetstatしてみると、ちゃんとPort 22でListenしている。IPv4だけでなく、IPv6でも。

解決策

コンソール.appを開いて、ログリスト /var/logの中にある appfirewall.log を選んだ状態で他のマシンからsshでログインしようとすると、 Deny sshd-keygen-wrapper connecting from xxx to port 22 proto=6なんて行が出てくる。また、ググって見つけた 画面共有とファイアウォール: Apple サポートコミュニティには、「システム環境設定>ファイアウォール の確認」とか、 /Library/Preferences/com.apple.alf.plistとか書いてある。/Library/Preferences をみてみると、com.apple.alf.plistの他に、com.apple.alf.plist~origなんてファイルがある。作った覚えはないので、一旦com.apple.alf.plist~origをcom.apple.alf.plistにコピーしてから、「システム環境設定>セキュリティとプライバシー のファイアウォールタブ」をみてみる。 ファイアウォールオプション...ボタンを押して中身を見ると、sshd-keygen-wrapperが「外部からの接続をブロック」となっていた。
これを、「外部からの接続を許可」に変えたところ、無事復活。

犯人探し

自分でバックアップファイルを作るときは、~origとは付けないので、何らかのアプリが行ったのだろうと予想できる。ファイルの日付から、Mac用の無料のアンチウイルスソフトをいろいろ試した頃に作られたっぽい。どのソフトなのかわからないけど、問題は解決したから、いいや。

おまけ

Emacs+ WanderlustでPOP3sの サーバのメールを読もうとしたところ、途中でだんまりになるようになった。アンチウイルスソフトのavast!の設定で、Scan secured connections のチェックを外したところ、解決。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: