2010/10/10

Windows7導入

Windows 7 Ultimate(J)アップグレード版

Windows 7 Ultimate(J)アップグレード版

価格:21,668円(税込、送料別)

Let's note CF-R7で、XPにダウングレードして使ってきたのだが、最近、ログオンしてから操作ができるようになるまで、1時間くらいかかるようになった。これでは使い物にならないので 再インストールと思ったが、再インストールするならとWindows7にすることにした。

とはいうものの、今使っている環境はなるべく残したい。Windows7用Windows転送ツールを使ってみた。


  • Windows XP上でWindows7用Windows転送ツールを使い、全ユーザーの情報を外付けディスクにコピー。
  • XPのリカバリディスクを使って、ディスクを初期状態に戻す。
  • Vistaのリカバリディスクを使って、ディスクを初期状態に戻す。
  • Vistaにログオンし、SP1にupdateする。
  • Windows7に必要なドライバの準備や、互換性のないソフトのアンインストールを行う。
  • Vista上でWindows7へのアップグレードを行う。
  • ドライバをWindows7向けに入れ替える。
  • Windows7上でWindows転送ツールを使い、外付けディスクからユーザー情報を書き戻す。
  • Windows転送ツールはなかなか優秀。インストーラ形式になっていない、「プログラムの追加と削除」にリストされないようなプログラムもコピーしてくれるし、Windows7上で「Windows転送ツールレポート」を見ると、以前使っていたのにインストールされていないプログラムも表示される。

    Windows7は、文字がきれいになったかな?使い勝手はしばらく使ってみないとなんともいえないけど。



    0 件のコメント :

    コメントを投稿

    Comments on Google+: