2008/02/02

メール爆発

お家サーバをようやくFreeBSD 6.3 にあげた。ら、daemonから山のようにメールが。マシンのログを見ると、 どうやらL3 Switchに繋がっている機器の一部のNetwork I/FがUp/Downを繰り返しているみたい。それを1個1個 snmpttが拾ってDnyamic DNSの更新スクリプトをキックし、そこからメールが出ている。

そこまでわかれば対策。まずはsnmpttを止めて、届いたメールを消しまくる。
snmpttの新しいのが出ていたので、ついでに入れ替え。
で、L3 Switchを見る限り、繋がっているNetwork I/FはUpしているようなので、snmpttを起動。しばらく様子を 見たけど、メールは飛んできていないようなので、よしとする。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: