2008/01/01

正月早々

お昼過ぎにチビ猫の様子が急変したので、大至急動物病院へ。もうちょっと遅かったらたいへんだったとのこと。どうも栄養不足から痙攣か何か起こしたっぽい。自分で餌を食べようとしていなかったので、口の中に無理やり突っ込んで食べさせていたのだが、絶対量が足りなかったか。原因を調べる必要があるので、酸素室でそのまま入院。レントゲンを見ながらの説明があったが、骨には異常がなさそうなものの、素人が見ても明らかにおかしかった。
まだ予断を許さないものの、とりあえずの危機は乗り切った…か?



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: