2016/05/31

Partition Master Pro 11.0の無料ライセンスキーを取得する

EaseUS、パーティション編集ソフトの無償配布キャンペーンを24時間限定で開催 - 窓の杜とあったので、取得してみた。ちょっとわかりにくかったので、メモ。

まずはライセンスコードを取得。必要事項を入力して、「ライセンスコードを取得」ボタンをクリック。ライセンスコードとダウンロードURLが書かれた画面になる。印刷/画面キャプチャしておくのがよい。

次に、ダウンロードURLにアクセスしてダウンロード。インストールする。

最後に、インストールしたPartition Master Proを起動して、画面の鍵のアイコンをクリック。


ライセンスキーを入力する欄が現れるので、取得しておいたライセンスコードを入力する。

どこからソフトをダウンロードすればよいのか、どこからライセンスコードを入力すればよいのかがわからなかった。



2016/05/29

Wifiがつながらない?Channel14が原因かも?

Wifiが「つながらない」と「安定しない」は違う

Wifiに関してはNexus5のWifiを安定させるのは、これだ! | Hiroaki's blogというものを書いたりしているのだが、「つながらない」と「安定しない」は違うものだ。

製品によっては使えないチャンネルがある

昔から起こっているのに意外と知られていないのが、「海外製品だと使えないChannelがある」ということ。ThinkPadの無線が繋がらない!って調べたら、基地局側が日本国内onlyのチャンネルを使用していたのが原因だったということがあったのだが、当時からこういったことはあまり広まっていなかったようだ。

「スマホやパソコンによっては繋げられない設定があるから、無線LANの基地側(ルータ)の設定を確認しろ。」でおしまいなのだが、もう少し書いてみる。
Wi-Fiの各規格と各種用語解説 - 周波数帯やチャンネルについて - 道すがら講堂にチャンネルの話とか、日本特有の事情とか、まとまっている。2.4GHzにあるChannel14は日本特有のチャンネルなので、海外製品によっては繋げられないことがある。だから、「Channel14を使うような設定になっていたら変更する」が1つの解決案になる。

Atermの場合は

あたりを見れば、確認できるのではないか?タイトルが同じで中身が違うというのはリンクを貼りにくいよ

Buffaloでクライアントマネージャを使っているというのであれば、

あたりだろうか。スマホやノートパソコン側の設定ではない←こうまで書かないと伝わらないのは、一般社会まで浸透してきたということなのか。

同じ設定をしたはずなのにつながるスマホとつながらないスマホがある!っていう場合は、まずチャンネルを確認するべきだろう。古めのスマホだと暗号化の方法が対応していないということもあるのだが、それがわからないまま使っているのであればとっとと買い替えるべきだし、わかっているならこのページを見るまでもないだろう。



2016/05/04

キーボードを掃除する

マイキーボード

青軸 FFKB67MC/EB
職場に持ち込んだマイキーボードを持って帰ってきた。一昨年の夏頃、スタート前から炎上の気配があったプロジェクトにアサインされ、「DELLのぺニャぺニャなキーボードではガンガンプログラムを書くのは無理」といって、自腹で購入したFILCO Majestouch MINILA US67キー 青軸 FFKB67MC/EB。2年も使っていると、ゴミがたまってきた。今年のゴールデンウィークは有休を使って長期休暇にしたということと、会社にキーボードはないから何かあっても出社メンバーで対処してくれという、暗黙のメッセージ。
休日出社の途中で急いで買ったので、これだけの値段だったら違うキーボードにしてもよかったかもしれなかったのだが、何せ、時間がなかったので。そんな中でもいくつか触って、軽めの「青軸」のこのモデルにしたのだった。

掃除する

表面は拭いていたのだが、キーとキーの間の部分にゴミがたまってきている。天気がいいので、キーを全部はずして埃を払うのもできそうだが、面倒なので、ナカバヤシ エアダスター ノンフロン 390ml DGC-JB8で吹き飛ばす。キーとキーの間にノズルを差し込んで、一噴き、二噴き。
今年の夏のプロジェクトもたいへんなことになりそうだが、キーボードはこれで大丈夫だろう。



2016/05/01

無料blogが使えなくなったAdsenseの申請対策

Adsenseの申請が変わった

サブドメインでAdsenseの申請できなくなったと言われている。 どういうことかというと、無料blogサービスを使って書いたブログサイトを申請することができなくなったということだ。
もっというと、ブログサイトの準備にお金をかける必要が出てきたのだ。

  • ドメインを申請する
  • ブログサイトを作る
どちらも、無料ブログサイトならポチポチ申し込むだけでやってもらえていたことだ。

ドメインを申請する

ドメインは http://example.net/ とか、要するに名前だ。申請してとる必要がある。業者間の競争が激しいのでお安く取れるのだが、そもそも早い者勝ちの世界なので、とりたいドメイン(名前)が空いていなかったりする。
例えば

といったところで申請できる。ちょくちょくキャンペーンをやっている印象があるので、マメに見て回るとよいかもしれないが、ドメインの申請は早い者勝ちなので、注意。

ブログサイトを作る

取得したドメインでブログサイトを作る必要がある。コツコツサーバーいじるのが面倒!というのであれば、アフィリエイト・お店のブログにぴったり!高機能ブログ【JUGEM PLUS といった有料サービスを使うのもありだ。ただ、ドメインの申請は別途自分で行う必要があったりするので、サービス内容は必ず確認!

自分でサーバーいじっていくのもOK!というのであれば、既に試した人がいるサービスを使うと、設定に悩むことも少ないだろう。ブログのシステムとしてはWordPressがメジャーなので、これを使うことを前提に探してみると、

といったサービス、記事が見つかる。記事を見てやれそうなサービスを選ぶもよし、サービスを見て気に入ったものの記事を調べるもよし。いろいろつまづいて試行錯誤したことも、ブログのネタになる。

もっと安くやるために

ここで具体的な説明をしていないのは、どの方法もやったことがないからである。先月(2016年4月)申請した時は、キャンペーン中だった 格安ドメイン登録【VALUE-DOMAIN】 でドメインを取得し、Herokuでブログサイトを作って申請した。18/24時間しか動かせないが、話題になるなり炎上するなりしない限り、問題ないだろう。稼働時間の他にも色々割り切る必要があったが、許容範囲だった。これ以上を求めるのであれば、上記のサービスを使っていただろう。

ちなみに、サブドメインで申請できるかどうかは試さなかった。



2016/04/23

見つからないのでまた買った

24時間365日サーバ/インフラを支える技術。以前、話題になったときに買って読んだのだけど、今本棚を探しても見つからない。キャンペーン期間でポイントが多くたまるらしいので、また買っておく。



2016/04/17

Androidで手軽に常時VPN接続

OpenVPNで常時VPN接続

VPN経由にして、iPhone, Android用のProxyをたててみる - 1 | Hiroaki's blogで作った透過proxyで画像圧縮などして通信量を削減できないかと思っていたのだが、最近のAndroid(Android | アンドロイド 6.0 Marshmallow?)だと、 OpenVPNで常時VPNが実現できる。VPNが繋がっていないときは通信できないようにし、勝手に自動接続してくれるので、知らない間に通信内容が漏れていた!なんてことにはならない。

OpenVPN サーバー側

Pritunl で簡単にVPNサーバを構築する - Carpe Diemの通りにやれば構築でき、悩むところもない。設定ファイルを作ってAndroid側にもっていく必要があるのだが、Dropboxを使うのが、簡単。

Android側

アプリのOpenVPN Connectを使った。画面上にウェジットを貼って、Pritunlで作ってDropboxに入れておいた設定ファイルを読み込ませれば、OK。rootを取る必要もなく、らくちん、らくちん。

OpenVPN Connect
開発元:OpenVPN
価格:無料
平均評価:4.2(合計112,237件)
ダウンロード:1,000万回以上
(2016年04月17日時点)

追記

久しぶりに触ってみたら、Pritunlが結構変わっていた。VPN Server Pritunlの設定も参考に。(2017/6/25)



2016/04/09

Windows10でBluetoothテザリングができなくなったら

Bluetoothテザリングで省エネネットワーク接続

Nexus5IIJ BIC SIMウェルカムパック [データ用]SMS対応マイクロSIM(格安SIMと言われるものの1つ)を入れている。せっかくだからとBluetoothテザリングを有効にして、Windows10にしたタブレット( Aspire Switch 10E)から 繋いでいる。Wifiのテザリングで接続してしまうとNexus5がWifi接続できなくなるので、BIC SIMについてくるWi2 300 公衆無線LANが使えないし、月間の通信量もセーブできなくなってしまうからだ。また、Bluetoothテザリングのほうがバッテリーに優しいらしい。

直接接続になっているとBluetoothテザリングができない

原因はよくわからないのだが、何かの拍子にテザリングできなくなることがある。このとき、タブレットの「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「デバイスとプリンター」をみてみると、Nexus 5の「接続方法」が「直接接続」になっている。

こうなってしまうと、どうやっても「アクセスポイント」の項目がでてこない。出てくるようにする方法があるのかもしれないけど。

「直接接続」になったら「アクセスポイント」になるまでペアリングからやり直す

こういうときは諦めて、Nexus 5を「デバイスの削除」で削除して、ペアリングのやり直し。Nexus 5でBluetooth Tetheringを有効にしてから、Aspire Switchとペアリングすれば、「アクセスポイント」が表示されるようになる。というか、表示されるようになるまで、削除→ペアリングを繰り返す。

「デバイスとプリンター」をスタート画面に登録するには

「デバイスとプリンター」をスタート画面に登録しておくと、便利。ただ、 Windows10のスタート画面にショートカットを登録する | Hiroaki's blogの手順でやると、「コントロールパネルってどこ?」ってなってしまう。

これ、「先にショートカット先をコピーしておく」とうまくいく。
アドレスの左のアイコンを長押しするとメニューが出てくるので、「アドレスのコピー」を選択。


後は、手順通りに進めて、ショートカット先を選択するところで「貼り付け」ればOK。

タブレットのBluetoothが消えていることもある

いつの間にかタブレットでBluetoothが使えなくなっていることもある。Windows10でBluetoothテザリングを復旧させるにあるように、こうなった場合は「ハードウェア変更のスキャン」を行う必要がある。まだまだ細かいところの完成度が低いようだ> Windows 10





2016/04/03

Windows10のスタート画面にショートカットをピン止めする

リンクメニューに置いたショートカットは指で押すには小さすぎる

2in1 Aspire Switch 10E 購入 | Hiroaki's blogでタブレットデビューしてみたのだが、まだまだ使いにくい。指で操作するので選択肢がそれなりに大きくないと選びにくいのだが、リンクメニューにファイルのショートカットを作っても、マウスで操作するときの大きさでしかない。デスクトップに作ればアイコン表示になるので押しやすいが、デスクトップを表示させるのがこれまた手軽ではない。

スタート画面にショートカットをピン留めする手順

というわけで、画面にババンと表示されるスタート画面(タイルメニュー)に、ショートカットを表示させる。これなら、指で押せる大きさのUIになるので、操作性は問題なし。
ショートカットをスタート画面にピン留め - Windows8 - PC設定のカルマを参考に、設定してみる。

  • C:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタートメニュー\プログラムをexplorerで開く。って、そのままではすんなり開かない。 まずexplorerを開いてC:\ユーザー\(ユーザー名)に移動する。

    上部の「表示タブ」を選択して、「隠しファイル」をチェック。すると、AppDataが表示されるようになる。
  • そのままたどってC:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタートメニュー\プログラムを開く。
    ここにショートカットを作れば、それが表示される。
  • 「名前」のカラムで何もない部分を長くタップしてから離すと、メニューが表示される。このメニューの「新規作成」→「ショートカット」を選択。元のファイルを指定してショートカットを作る。この時点で、スタートメニューに表示されるようになっている。
    スタートメニューボタンのすぐ上のリスト?ボタンをクリックして、
    スタートメニューの一覧を表示して、作ったショートカットがあることを確認。
  • タイルメニューに出すには、もう一息。スタートメニューに表示されたショートカットを長押しして、メニューを出す。
    「スタート画面にピン留めする」をチェックすると、タイルメニューに表示されるようになる。

ショートカットを作るときの操作がちょっと辛いので、このときはマウスがあったほうがいいかな?なくてもできるけど。





2016/03/21

Nexus5 の IPアドレスを確認する

多分、Nexus5というよりもバージョンに依存するだろうから、Android6(Marshmallow)なら同じだと思う。

「設定」アイコンをクリックして、一番下の「端末情報」を選択。


「端末の状態」を選択。

IPアドレスの欄に、割り当てられているアドレスが表示される。

macアドレスはWi-Fi MACアドレス欄に。



2016/03/20

Nexus5を有線接続する

やっぱりWifiが不安定

Nexus5のWifiを安定させるのは、これだ! | Hiroaki's blog で再接続するようにしたのだが、アクセスポイントが密集していたりすると、スマホ側でいくら設定をがんばってもWifi接続が安定しないときがある。ネットをだらだら見ているときは気にならないのだが、高解像度で撮った写真とか、動画とかをアップロードするとき、とにかく終わるまでネットワークが切れないでほしいときは困ってしまう。あきらめてLTE接続していた。

Wifiがだめでも有線接続があるじゃないか

気がついた。USBの口があるから、有線LAN接続できるじゃないか。
というわけで、有線接続してみた。

ELECOM USBハブ USB2.0対応 スマートフォン・タブレット用 microUSBケーブル+変換アダプタ付 バスパワー 4ポート ブラック U2HS-MB02-4BBKの先に PLANEX Wii/MacBookAir対応 USB2.0 有線LANアダプタ UE-100TX-G3を繋いでいる。


上やや右に赤で囲ったように、有線接続マークが出ている。
LANケーブルは太いので充電と同じ感覚というわけにはいかないけど、安定した接続が欲しいときだけ繋げばいいわけで。

どんなUSB Hub・有線LANアダプタでもOKというわけではないだろうから、トライしてみる方は自己責任で。




2016/03/18

ついに!MADOSMA OTAでWindows 10 Mobileがキター

MADOSMAのOTAはUpdate Advisorで

ついに!MADOSMAもOTAでWindows 10 Mobileにアップグレード!
朝早くに目が覚めたので、ググってみるとこんなツイートが!
Update Advisorで設定すると、降ってくるんですね!

MADOSMAをアップグレードしてWindows 10 Mobileにする

注意!アップグレードは自己責任で!問題があっても一切の責任は負いかねます。

こんな感じでWindows Phone 8.1が動いているMADOSMA。
早速ストアでUpdateAdvisorを検索してインストール。起動させると
チェックを入れてアップグレード開始。ダウンロードが終わってからアップグレード。いつまでたってもアップグレードが終わらないので、今日はMADOSMAを持って出勤。駅でコーヒー飲んでいるときに見てみたら、ようやく終わってWindows 10 Mobileの画面になっていた。1時間くらいかかった気がする。