2016/02/28

Macの再インストールができないのは、Core Storageが犯人かも!?

Core StorageがあるとMacの再インストールができない。Yosemiteに注意

Macを再インストールしようとしてエラーになった時、Yosemiteを使っていたのであれば、Core Storageが原因かもしれない。Core Storageの論理ボリュームを物理ボリュームに変換してから再インストールすれば、うまくいく。

中古で売りに出す前に再インストールを行う

MacBook Air 2台目を購入しているので、1台目のMacbook Air 11インチを売ることにした。

使っていたときのまま売る訳にはいかないので、再インストール。MacBookを売る前に。初期化の方法を画像で解説 - コムショップ買取 を参考に、iTunesとiCloudから抜けてから、パーティションを消去。

エラーが出てMacの再インストールができない

パーティションを消去したら、再インストール。のはずが、「www.apple.com/jp/support/no-recovery にアクセスしてください」とエラーが出て再インストールできない。インストーラで「お使いのコンピュータに OS X をインストールできませんでした」または「このディスクはコンピュータの起動ディスクには使用できません」と表示される場合 - Apple サポートに、「再インストール先のパーティションをフォーマットするか、サイズを少しだけ小さくしてみろ」とあるのだが、再インストール先のパーティションを選択しても、「Core Storageが…」と表示されて、フォーマットのボタンが有効にならない。

diskutilでパーティションを変換する

Core Storageについて調べてみると、新・OS X ハッキング! (129) Yosemite使いは知っておくべき「Core Storage対策」 | マイナビニュースに Core Storageの論理ボリューム ←→ 物理ボリューム の方法が載っていた。Terminalからdiskutilを使うということなので、

  • ディスクユーティリティを終了する
  • Mac OS X ユーティリティの画面に戻るので、
  • ユーティリティメニューからターミナルを選択
ようやくTerminalが開いたので、
diskutil cs revert disk1
と入力。変換はすぐに終了。

ようやくMacの再インストール

ターミナルを終了し、Mac OS X ユーティリティ画面から「再インストール」を選択。
これで大丈夫!と思ったら、やっぱりエラーになる。もう一回ディスクユーティリティを立ち上げて、パーティションをいじってみて(作り直したかフォーマットしたか、覚えていない)から終了、電源off。再度再インストールの手順を辿ったら、再インストールできた。よくわからないけど、よしとしよう。



2016/02/27

定期的にDocker imageを掃除する

会社では、Jenkinsを動かしているマシンにDockerも入れて、コードがcommitされるたびに buildしてinstallしたコンテナを立ち上げて、テストプログラムがそれをテストするという環境を作っている。
しばらくしてディスクの空きがなくなって、調べたらコンテナのゴミがたまっていたのが原因だった。ので、一日一回 このようなscriptを動かしている。 また、ちょっと試してみたいソフトウェアもDockerコンテナを探すorコンテナ上で動かしてみるので、使わなくなったimageが たまっていく。週一でこのscriptを動かしている。 Docker Hostを長時間動かし続けるにはいろいろポイントがあると思うのだが、どうしているのだろう?




2016/02/14

MADOSMAのカバー購入

MADOSMA買ったけど、Windows10 へのアップデートは降ってこない。だから持ち出すのはもう少し先かなぁと思っていたが、たまたまTwitterでハッシュタグ #madosmaで検索してみたら、良さそうなのがTLに出てきたので、購入。この手のアクセサリって、発売直後とか、人気がある時しか出てこないので、タイミングを逃すといいものに巡り会えない。

このカバー。取り付けは両面テープなんだけど、それらしい説明見当たらなかったな。たまたまレビューかなにかに書いてあったので、そのつもりで眺めていて理解したけど、事前知識がないと、ちょっと厳しいかも。

スマホを取り付ける反対側のふたの部分に切れ込みが2つ入っていて、電子マネーのカードを挿すのに使えそうだなぁと。



2016/01/13

MADOSMAで0SIMを使う

SIMカード変換アダプタ-nano SIMカードをmicro SIMカードへ変換が到着したので、話題の デジモノステーション 2016年02月号付属の0SIMを、MADOSMAにセットしてみる。ちなみに、まだWindows 8.1。

SIM下駄。

0SIMをセットすると、こんな感じ。

フィルムに粘着性はなく、乗っけるだけ。
そして、乗っけた状態でMADOSMAにセットするのだが、SIMの端子の面が下側を向くようにする必要がある。ガムテープのベトベトした粘着層を、爪楊枝ですこしこすってSIM下駄のフィルムに付けるとうまくとまるらしい。そこまでの用意はなかったので、SIM下駄にSIMを載せた状態で、上からMADOSMAで覆い被せるように近づけて装着。下駄の裏面にあった文字が見えるような向きとなる。
後は、デジモノステーションの説明の通り。なのだが、なかなか電波をつかまない。アンテナマークがグレーアウトされたままで、SIMを壊したかと思ったが、認証の種類を「PAP」「CHAP」に何度も切り替えているうちにつかんだ。最初につかむまでは、窓のそばなど、電波の強いところに行ってAPNの設定をやるのがいいかも。



2016/01/02

Babel 6で「30分間React入門…」をやるために

A JavaScript library for building user interfaces | Reactはやっていますね。RIA製品で(ベンダーの対応に)うんざりしている人は、Reactに限らず、いろいろなフレームワークなりライブラリなり見てみるといいですよ。

出遅れた感じがするので、 es6 - 2015年、キャッチアップをさぼっちゃった人の為のReactプロジェクト入門 - Qiita をみて、まずはチュートリアルをやってみた。次のお薦めは 30分間React入門「いいねボタン」作成チュートリアルのようなので、やってみたところ、Babel · The compiler for writing next generation JavaScriptが6になって記事の通りでは動かないので、いくつかメモ。

必要ツール

下記のように追加インストール。
npm install babel-loader babel-core babel-preset-es2015 babel-preset-stage-0 --save-dev
npm install babel-preset-react --save-dev

webpac.config.js

下記のように変更。



2015/12/31

MADOSMA購入!!

買ってしまった、MADOSMA。 Amazonでみたら、MADOSMA Q501-WH(Simフリー/WinPhone 8.1/5inch/MicroSD16GB同梱/保護シート付)がそこそこ安かったので、思わずポチっと。

開封の儀

送られてきた箱を縦にして撮ってみた。

箱の中身

Bluetoothヘッドフォンの下に、モバイルバッテリーが入っていた。

白い箱の中には
  • 本体
  • バッテリー
  • USBケーブル
  • SDカード
が入っていた。箱のつくりとか、どのスマホでも同じ気がする。

セットアップ

白い箱に入っていた、折りたたまれた手順書を見ながらデジモノステーション 2016年02月号付属のSIMをセット…。MADOSMAはmicroSIMなのね。SIM下駄を入手するまで、SIMなしで使うことにする。microSDカードを入れて、バッテリーをセットしたらスイッチオン。もともと50%位充電してあるので、そのままセットアップ。Windows10へのアップデートは後で。




2015/10/25

mackerelでWeb Siteのステータスをチェックする

SITELISTにチェックしたいサイトをスペース区切りで並べると、それぞれについてステータスコードをグラフにする。


2015/10/12

AppleCare Protection Plan購入

MacBook Air 2台目を購入するとき新しいMacBookの噂がかなり出ていたので、保証を延長するかどうか迷って後回しにしていた。これはパスだなぁというわけでMacBook Airを使い続けることにしたので、AppleCare Protection Plan (MacBook Air/MacBook/13” MacBook Pro)を購入。1台目はSSDが壊れて交換になったり、ファンにホコリがたまった結果排熱がうまくできなくなって分解掃除になったりとトラブルがあったので、今回も保険は必要と判断。持ち歩くとどんなトラブルがあるかわからないし。


2015/10/11

Windows10ではAspire Switch 10Eのキーボードドックが認識されない

Windows10にアップグレードしたらキーボードドックが認識されず、初期不良?と思ってWindows8.1に戻してみた。するとちゃんと認識されるので、Windows10の問題と判明。
2in1だからってキーボードドックを取り付けてみると、見事に認識されず、不明なUSBデバイスになっている。
取り付けてデバイスの準備ができる前に、USBの接続処理が始まっているのかなぁ?
取り付けた状態で再起動させれば認識されるけど、だったらUSB/Bluetoothの外付けキーボードの方が再起動なしで済む分使い勝手が良いわけで。
こんな症状出ているの、うちだけ?


2015/10/10

Wifiの状態をメトリクスとして投稿する OS X向けmackerel pluginを書いた

Mackerel(マカレル): 新世代のサーバ管理・監視ツールで 監視するOS Xの項目って少ないなぁ。ということで、何かプラグインはないかとググっていたら、 mackerel-agent で便利に使える OS X 向けプラグインを Homebrew でインストール - Sexually Knowing というのを発見。見ていたら、バッテリー残量をpostするpluginでsystem_profilerを使っていた。
system_profilerってシステム情報をいろいろ取得できるよなぁと思って見ていたら、WiFiの状態を取得できるようだ。ということで、電波の状態とリンクスピードを投稿するmackerel pluginを書いた。


2015/10/03

AccessMenuBarAppsを入れたままOS X El Capitanにアップグレードすると、画面がまっしろになる

OS X El Capitanリリース。

というわけで、早速MBAにインストール。無事インストールできたと思ったら、画面が真っ白。ただ、画面の切り替えはできるみたいで、切り替えたとき、一瞬縦置きしていたはずのドックが表示される。
何かのプログラムが悪さをしているとあたりをつけて、電源ボタンを押したらShiftキーを押し続けて、セーフモードで起動。ちゃんと画面が表示されたので、1つずつ自動起動するプログラムを起動していったら、 AccessMenuBarApps で画面が真っ白になった。

というわけで、AccessMenuBarAppsをゴミ箱に入れて再起動。無事解決。ただ、メニューバーにアイコンが並びきらないときがあっていれたソフトだから、代わりを探さないと。


2015/08/09

Aspire Switch 10Eのケースを探す

持ち歩くなら絶対ケースが必要だ。
というわけで、ケースに求める要件をリストアップしてみた。
  • かばんから取り出して、すぐに使えること。→いちいちチャックを開いてケースから取り出すというのは、却下
  • 片手でも安定して持てるよう、手を通すバンドがついていること。→操作することを考えると、片手で持つ必要がある。10インチなので、ただ持つだけだと落っことしてしまう可能性が高い。
お店で探してみたりしたのだが、意外と見つからない。いわゆる「画板」タイプのケースになるのかなぁと思いながら 検索していたところ、ELECOM タブレット汎用ブックタイプケース ファブリック 8.5~10.5inch ブラック TB-10FCHBKというものを発見。製品写真を確認して、
  • タブレットを挟み込むタイプ。開けばすぐに使える
  • 蓋になる部分の内側に、手を通すバンドが付いている。蓋を外側に折って手を通して持てば、安定する。
ということで、このシリーズに決定。メーカサイト(ELECOM タブレット汎用ブックタイプケース ファブリック 8.5~10.5inch ブラック TB-10FCHBK)をみて、対応サイズを確認。Aspire Switch 10E だと、TB-12にしなくても納まりそう。

届いた。
上側の黒いのが手を通すバンド。
下側のアメーバみたいな奴が、ゴムでできていてタブレットの四隅に引っ掛けるようになっている。
ちょっと強度に不安があるが、4箇所に分散するから大丈夫なのかな?
大きさはぴったり。というより、ギリギリって感じ。



2015/08/06

Aspire Switch 10 EをWindows 10にアップグレード

「アップグレード対応」と実際にアップグレードできるかは別物なので、本当にできるかどうかは情報を集めて判断する必要がある。

「アップグレードを始めましょう」のメッセージが出たときの、ディスクの状況
ACアダプタとキーボードドックを繋いで、アップグレード開始。1時間ちょっとで終了。

Windows 10になったときの、ディスクの状況
ギリギリ。ディスクのクリーンアップを実行すると、
15G空けられるようだ。バックアップを取ってからだな。



2015/08/01

トンネル掘り掘り

古いサービスをそのまま使っていると、いろいろと現サービスに対して見劣りするわけで。

さくらのVPS で、 さくらの6rd(トライアル) « さくらインターネット研究所 を使ってIPv6で繋がるようにしていたのだが、トライアルサービスが終わってしまった。
どうしようか考えていたのだが、 FreeBSD – IPv6 Tunnel and Gateway Configuration | David Andrzejewskiというページを見て、トンネルでしばらくやることにした。
FreeBSD8.4 なのだが、上記ページの通り設定して、OK。

今のさくらのVPSではIPv6アドレスも提供されるので、乗り換えても良さそうだな。