2012/03/03

CloudCoreでIPv6を使う

CloudCore(クラウドコア)|KDDIウェブコミュニケーションズ。 破格の値段なので、申し込んだ。64bit版CentOS 5.7。監視はいつものようにMunin。IPv6は必要なので、6to4で。
下記のページを参考に。
そして、muninのpluginの1つであるmultipingで各サイトまでの時間を定期的に測定する。6to4のgatewayが混んでいるのか、munin nodeへのアクセスの度にエラーメールがポロポロ飛んできて鬱陶しいので、パラメータを調整。/etc/munin/plugin-conf.d/munin-nodeに
[multiping]
env.ping /bin/ping6
env.ping_args -c 1 -W 1
env.host ipv6.google.co.jp aaa bbb
env.names Google aaa bbb
と記述することで、タイムアウト待ちで他のpluginも道連れ、という事態を防止。もうIPv6のアドレスはデフォルトで割り当ててもいいと思うけどなぁ。わざわざサーバーを借りようとする人を相手にしているんだから。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: