2009/01/17

OpenWrtでradvdを動かす

OCN IPv6につないだ時など、経路情報をLAN内に流す場合、radvdを使う。
radvdからRAが流れなかったので、メモ。

/etc/radvd.confは、経路情報を流すネットワークインタフェースとアドレスプレフィックスを修正する。

Linuxの設定に注意。


echo 0 > /proc/sys/net/ipv6/conf/all/accept_ra
echo 0 > /proc/sys/net/ipv6/conf/all/accept_redirects
echo 1 > /proc/sys/net/ipv6/conf/all/forwarding
としてからradvdを起動する。/etc/ppp/ipv6-up に書いておくとよい。

RAが流れているかどうかは、Linuxマシン上でradvdumpする。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: