2008/12/28

Postfix+DovecotでVirtual Domain

PostfixとDovecotの組み合わせでメールサーバを構築するのはよく見かけるのだが、 Virtual Domainを扱うようにしようとしたら手間取ってしまった。
選択肢がいくつもあるので、どうしたいのかを明確にしないと作業に取り掛かれない。

  1. 単なるaliasでは不足なのか。
  2. Virtual Domainとリアルなドメインと、ユーザーを共通にするかどうか。
  3. Virtual Domainのユーザーはどう管理するのか。
  4. Virtual Domainのユーザーのメールボックスはどこに置くのか。
などなど。

方針として、

  • リアルなドメインとVirtual Domainは別にする。
  • Virtual Domainのユーザーはマシン上のアカウントとは別にする。
  • Virtual Domainのユーザーは、取りあえずリストアップしてファイルで管理。
  • Virtual Domainのユーザーのメールボックスは、マシン上に1つ用意したアカウントの下に配置する。
ことにする。

PostfixとDovecotで設定を揃える必要があることを念頭に置きつつ、まずはVirtual Domain用のアカウントを作成。ログインする必要はない。pw useraddでuidやgidを明示して作成してみた。

次。Postfixの設定。main.cfに追加。


# Virtual mailbox
virtual_mailbox_domains = Virtual Domain。複数あるときはスペースで区切って。
virtual_mailbox_base = Virtual Domainのユーザーのメールボックスの置き場。
virtual_mailbox_maps = hash:/usr/local/etc/postfix/vmailbox
virtual_minimum_uid = 100
virtual_uid_maps = static: Virtual Domain用に用意したアカウントのuid
virtual_gid_maps = static: Virtual Domain用に用意したアカウントのgid
virtual_alias_maps = hash:/usr/local/etc/postfix/virtual

Virtual Domainのメールボックスは/usr/local/etc/postfix/vmailboxで指定し、 Virtual Domainのメールエイリアスは/usr/local/etc/postfix/virtualで指定する。

vmailboxの中身。

メールアドレス メールボックスの位置
をメールアドレスの数だけ並べる。メールボックスの位置は、例えば Domain/User のように。 Maildir形式を使うときは、 Domain/User/Maildir/ のように、Maildirまで指定する。
@ドメイン名 メールボックスの位置
とすれば、ユーザー名が存在しない場合のメールボックスを指定できる。

virtualの中身。

メールアドレス 転送先のメールアドレス
を必要な分だけ並べる。postmasterも設定を忘れずに。

次。dovecot。
ユーザーの管理はファイルで行うので、ユーザー認証はpassdb passwd-fileとuserdb passwd-fileで行う。
passdb passwd-fileはデフォルトでは2箇所にコメントアウトされた状態で書かれているので、passdb pamの後に出てくるエントリを生かす。argsにはdovecotで使うパスワードファイルを指定する。例えば、args = /usr/local/etc/dovecot.passwd
パスワードファイルの各フィールドは/etc/passwdと同じ。ただし、

  • パスワードが入るフィールドはdovecotpwの出力を使う。
  • uidとgidはVirtual Domain用のアカウントと同じものにする。
ことに注意。
userdb passwd-fileも、passdb passwd-fileと同様にする。

以上で準備完了。設定を行ったマシン上でVirtual Domainのアカウント宛にメールを送って動作確認を行う。問題がなさそうであれば、MXのエントリを書き換えて運用開始。

詳しくはサバカン日記+::postfixとdovecotでバーチャルドメイン(バーチャルメールボックス構築編)壱Postfix Courier-Imap バーチャルドメインの設定を参照。

Wanderlustではアカウント名にdomainを含むとき、%を使うので、dovecot.confに

auth_username_translation ="%@"
を入れておくとよい。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: