2007/04/18

メールの山

メールを読もうとしたら、反応が非常に悪い。しかも、mrtgのためのcronからのエラーメールがいくつもある。
どこか壊れたのか?と思ってリモートログインを試みるも、非常に反応が悪い。pingの応答はあるので、落ちているわけではないようだ。
ようやくプロンプトが返ってきてログイン。反応が悪いので、ネットワークまわりの障害を疑う。netstat -nをしてみると、smtpのコネクションが大量に!!psや/var/log/messageを見るに、どうやら一時的に大量のメールが送られてきて、それぞれのメールに対してウイルスチェックのプロセスが立ち上がった結果、メモリが不足してスラッシングしているっぽい。
crontabを編集してmrtg用のプロセスを止め、スワップファイルを追加してみる。スラッシングしたままだけど、メモリ不足でプロセスが殺される、という状況は治まったかな?

メールだし、受信処理中になにかエラーが起きれば、再送信するようなエラーコードを返すと思うけど、Qmail-Scannerから起動したウイルスチェックのプログラムが異常終了したとき、どういう動きになるんだっけ?

ちっとも休めん



0 件のコメント :

コメントを投稿

Comments on Google+: